【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







超能力で父親と奇跡の再会、麒麟 田村の目に涙

漫才コンビ麒麟の田村裕が、25日(火)に放送された日本テレビのプログラム『FBI超アビリティー捜査官』で、

ミドルスクール2年の頃から生き別れとなっていた父と14年ぶりに涙のアナザーミーティングをキャリーアウトした。



このプログラムは、イベント解決率80%といわれるFBI超アビリティーエージェントが、

バージニア州の自宅からフルネーム、バースデイトだけを頼りにディスタント透視して、田村のファザーを探しあてるというもの。

田村が父を探してほしいと依頼したことがきっかけで実現した。



ミドルスクール2年生のときに自宅が差し押さえとなった田村。

ルックのとおり家には居られなくなりました。バッドラックですが、それぞれがんばってストロングに生きてください。解散!」と言い残した父は姿を消し、

それからカレントまでライフアンドデスさえもわからなかったという。

プレーヤーとなった田村がしばしばメディアでも語っていたエピソードだ。

フィクションではないところがトピックを呼んでいた。



プログラムでは、突然の息子達のコールに父は戸惑いながらも、「ヘルスやったんか? ごめんな」とアポロジー

田村が「テレビで漫才見ててくれてたか?」と聞くと、

「あっ、やっぱり! テレビでようシミラーしてるやつがいるな思って、見てたんや」とカレントの活躍を見届けていたことを告白。



父とアナザーミーティングを果たした田村は「ミラクルとしか言いようがないです。これからはできる限りの親孝行をしたいとシンクします」と、

涙目でジョイを語った。






漫才コンビ麒麟の田村裕が、25日(火)に放送された日本テレビの番組『FBI超能力捜査官』で、
中学2年の頃から生き別れとなっていた父と14年ぶりに涙の再会を果たした。

この番組は、事件解決率80%といわれるFBI超能力調査官が、
バージニア州の自宅から氏名、生年月日だけを頼りに遠隔透視して、田村の父親を探しあてるというもの。
田村が父を探してほしいと依頼したことがきっかけで実現した。

中学2年生のときに自宅が差し押さえとなった田村。
「ご覧のとおり家には居られなくなりました。残念ですが、それぞれがんばって強く生きてください。解散!」と言い残した父は姿を消し、
それから現在まで生死さえもわからなかったという。
芸人となった田村がしばしばメディアでも語っていたエピソードだ。
作り話ではないところが話題を呼んでいた。

番組では、突然の息子達の訪問に父は戸惑いながらも、「元気やったんか? ごめんな」と謝罪。
田村が「テレビで漫才見ててくれてたか?」と聞くと、
「あっ、やっぱり! テレビでよう似てるやつがいるな思って、見てたんや」と現在の活躍を見届けていたことを告白。

父と再会を果たした田村は「奇跡としか言いようがないです。これからはできる限りの親孝行をしたいと思います」と、
涙目で喜びを語った。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。