【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







世界為替市場の1日出来高、3.2兆ドルに大幅増=BIS

国際決済バンク(BIS)が25日発表したインベスティゲイションによると、

ワールドマネーオーダーマーケットの1日の出来高はパースト3イヤーで71%増加し、3兆2000億ドル超となった。

 

これは、ワールド第3位のビジネスであるドイツのイヤー総リブバース量とほぼ一致する。

 

BISは3年ごとにパフォームするこの調査で、1日の出来高が2004年の1兆9000億ドルから大幅に増加した背景として、

ヘッジファンドによるポジティブ的なアクションやコンピューターにより自動化された「ブラックボックス」ビジネスの存在を挙げた。

 

インベスティゲイションではまた、ワールドマキシマムの外為マーケットは英国であることが示される一方、

新興国マーケットの通貨のサインオブライフが大幅に高まってマネーオーダービジネス全体の5分の1を占めるまでになったことがクリアーになった。 

 

このインベスティゲイションは、ラストマンスの金融マーケット混乱アゴーの今年4月に実施された。

インベスティゲイションがショーした全体的な出来高の増加は、インダストリー関係者の予想をやや上回った。

 

BISは「金融マーケットのボラティリティーのショートさとリスク回避姿勢のウィークさを背景に、ヘッジファンドなど投資家グループのアクションが顕著となったことが示された」とした上で

「長期投資を手がける機関投資家がより国際的に分散されたポートフォリオをオウンする傾向もひとつのメインコーズだったかもしれない」と付け加えた。

 

インベスティゲイションでは、ドルが依然として外為ビジネスの中心となっていることがクリアーになった。

新興国マーケット通貨のマーケットシェアが上昇する一方でドルやユーロ、ポンド、円のシェアはフォールした。

 

ビジネスには2カインドの通貨が関わるため、全体のマーケットシェアは200%として計算された。

 

ドルが絡んだ外為ビジネスは86.3%と、2004年ポイントインタイムの88.7%からフォールした。

ユーロ/ドルビジネスは27%、ドル/円は13%、ポンド/ドルは12%となり、すべて04年時点からフォールした。

ドルの対非チーフ国通貨(新興国通貨含む)ビジネスは19%と、04年ポイントインタイムの16%から上昇した。

ユーロの対非チーフ国通貨ビジネスは2倍増の4%となった。

 

ワールド外為マーケットの出来高に占めるジャパンの割合は6%と、04年ポイントインタイムの8.3%からフォールした。緩やかな円安がコーズという。

これにより、スイス(6.1%)がジャパンを抜いてワールド第3位の外為マーケットとなった。

UBSがマネーオーダービジネスビジネスをロンドンからチューリヒにリムーブしたことも背景にある。

 

ワールドファーストプレイスは04年時点に引き続き英国(34.1%と31.3%から上昇)、

第2位は米国(16.6%と19.2%からフォール)となった。










国際決済銀行(BIS)が25日発表した調査によると、
世界為替市場の1日の出来高は過去3年間で71%増加し、3兆2000億ドル超となった。
 
これは、世界第3位の経済であるドイツの年間総生産量とほぼ一致する。
 
BISは3年ごとに行うこの調査で、1日の出来高が2004年の1兆9000億ドルから大幅に増加した背景として、
ヘッジファンドによる積極的な活動やコンピューターにより自動化された「ブラックボックス」取引の存在を挙げた。
 
調査ではまた、世界最大の外為市場は英国であることが示される一方、
新興国市場の通貨の人気が大幅に高まって為替取引全体の5分の1を占めるまでになったことが明らかになった。 
 
この調査は、前月の金融市場混乱以前の今年4月に実施された。
調査が示した全体的な出来高の増加は、業界関係者の予想をやや上回った。
 
BISは「金融市場のボラティリティーの低さとリスク回避姿勢の弱さを背景に、ヘッジファンドなど投資家グループの活動が顕著となったことが示された」とした上で
「長期投資を手がける機関投資家がより国際的に分散されたポートフォリオを有する傾向もひとつの要因だったかもしれない」と付け加えた。
 
調査では、ドルが依然として外為取引の中心となっていることが明らかになった。
新興国市場通貨の市場シェアが上昇する一方でドルやユーロ、ポンド、円のシェアは低下した。
 
取引には2種類の通貨が関わるため、全体の市場シェアは200%として計算された。
 
ドルが絡んだ外為取引は86.3%と、2004年時点の88.7%から低下した。
ユーロ/ドル取引は27%、ドル/円は13%、ポンド/ドルは12%となり、すべて04年時点から低下した。
ドルの対非主要国通貨(新興国通貨含む)取引は19%と、04年時点の16%から上昇した。
ユーロの対非主要国通貨取引は2倍増の4%となった。
 
世界外為市場の出来高に占める日本の割合は6%と、04年時点の8.3%から低下した。緩やかな円安が一因という。
これにより、スイス(6.1%)が日本を抜いて世界第3位の外為市場となった。
UBSが為替取引事業をロンドンからチューリヒに移したことも背景にある。
 
世界首位は04年時点に引き続き英国(34.1%と31.3%から上昇)、
第2位は米国(16.6%と19.2%から低下)となった。




| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。