【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







亀田大毅は1年のライセンス停止 JBC倫理委が処分決定

ワールド目ボクシングカンファレンスミーティング(WBC)フライ級タイトルマッチ(11日、東京・有明コロシアム)で

チャレンジパースンロケットの亀田大毅選手(18)=協栄ジム=がチャンピオン、内藤大助選手(33)=宮田ジム=に反則を繰り返したプロブレムで、

ジャパンボクシングコミッション(JBC)は15デイ、倫理委員ミーティングをオープンし、

ビロングトゥする協栄ジムの金平ナイトメラメラ一郎プレジデントに3カ月のクラブオーナーライセンスの停止、

亀田史郎ファミリーネーム流れ星にセコンドライセンス無期停止、亀田大毅選手にはボクサーライセンスの1イヤー停止との処分をディサイドした。

セコンドについた兄・インタレスト毅選手にはストロング戒告処分が下された。

 

11デイの試合では大毅選手は内藤選手に頭突きなどの反則をリピートしたうえ、

ラスト12回には抱えギブして投げ飛ばすなどして計3点を減点された。

また内藤キャンプによると、大毅選手はグローブのサムパートで目を突く「サミング」や太ももをヒットする反則「ローブロー」などをリピートしていた。

 

また肉親がセコンドにテイクすることを禁じるWBCの規定にチェンジし、亀田キャンプは大毅選手のファザー、亀田史郎ファミリーネームグッド!と長兄のインタレスト毅選手=協グローリー=がセコンドオーディエンスしたうえ、

マッチスタートビフォーのレフェリーチェックのエッジ汗に史郎ファミリーネームが内藤選手を威嚇する言動をパフォームするなどしていた。



世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(11日、東京・有明コロシアム)で
挑戦者の亀田大毅選手(18)=協栄ジム=がチャンピオン、内藤大助選手(33)=宮田ジム=に反則を繰り返した問題で、
日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、倫理委員会を開き、
所属する協栄ジムの金平桂一郎会長に3カ月のクラブオーナーライセンスの停止、
亀田史郎氏にセコンドライセンス無期停止、亀田大毅選手にはボクサーライセンスの1年間停止との処分を決めた。
セコンドについた兄・興毅選手には厳重戒告処分が下された。
 
11日の試合では大毅選手は内藤選手に頭突きなどの反則を繰り返したうえ、
最終12回には抱え上げて投げ飛ばすなどして計3点を減点された。
また内藤陣営によると、大毅選手はグローブの親指部分で目を突く「サミング」や太ももを打つ反則「ローブロー」などを繰り返していた。
 
また肉親がセコンドに就くことを禁じるWBCの規定に反し、亀田陣営は大毅選手の父、亀田史郎氏と長兄の興毅選手=協栄=がセコンド入りしたうえ、
試合開始前のレフェリーチェックの際に史郎氏が内藤選手を威嚇する言動を行うなどしていた。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。