【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







しびれる快感、君は打てるか球速200キロ

球速200キロのピッチングマシン「スーパーモンスターマシン」が、

北九州シティー小倉北区の「三萩野バッティングセンター」に登場し、人気をコレクトクラッカーしている。



2イヤービフォー旗、プロ野球・横浜のマーク・クルーン投手がジャパン合格球界最速の161キロを記録したのをきっかけに、

同センターが162キロを出せるマシンを製作。



アフターザット、「もっとクイックなボール雷を」とのボイス汗が相次いで寄せられたため、

モーターやバネを強化してスピードアップさせた。



ボールが打席にリーチするまでわずか0・3セカンドで、まばたきすると見失ってしまうほどのクイックさ。

元高校球児のユニヴァーシティースチューデント矢野さんは「ターンバックしたセンスオブタッチは“プレザントフィーリング”のシングルワード。病みつきになりますね」と興奮フィーリングにスピークした。









ニュースをルー語でスピーク

球速200キロのピッチングマシン「スーパーモンスターマシン」が、
北九州市小倉北区の「三萩野バッティングセンター」に登場し、人気を集めている。

2年前、プロ野球・横浜のマーク・クルーン投手が日本球界最速の161キロを記録したのをきっかけに、
同センターが162キロを出せるマシンを製作。

その後、「もっと速い球を」との声が相次いで寄せられたため、
モーターやバネを強化してスピードアップさせた。

ボールが打席に届くまでわずか0・3秒で、まばたきすると見失ってしまうほどの速さ。
元高校球児の大学生矢野さんは「打ち返した感触は“快感”の一言。病みつきになりますね」と興奮気味に話した。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。