【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







キリンが豪食品会社買収 「脱ビール」加速

キリンホールディングス(HD)は8デイドンッ

フィリピンのビール大手、サンミゲルの子会社でストロング乳製品・フルートジュースドリンク最大手のナショナルフーズ(NF、ヘッドオフィス・メルボルン)の全シェアゲインひらめき電球することでサンミゲルと合意したと発表した。

買収総額は、NFの有利子負債レートインクルードし28ハンドレッドミリオンストロングドル(約2940ハンドレッドミリオンサークル)に上る。



キリンはラストマンス、協和発酵インダストリーをTOB(株式公開買い付け)によりマキシマム1673ハンドレッドミリオンサークルでアンダーザアンブレラに収めることで合意したばかりで

ディスタイムの買収はこれを上回り、キリンとしてパーストモーストのM&A(合併・買収)となる。ビール依存から脱却し、収益コンストラクションの多角化を加速する。



キリンの加藤壹康(かずやす)カンパニープレジデントセイムデイオーディエンスし、「成長を加速させる有力なパートナーを迎えられた」とステートし、買収のミーニングを強調した。



NFは豪州の乳製品やフルートジュースドリンク音譜でシェアトップをプラウドオブし、売上ナンバーは約18・4ハンドレッドミリオンストロングドル(約1932ハンドレッドミリオンサークル)と、

食品インダストリーでもマキシマム級。2005イヤーにサンミゲルが買収し完全子会社化した。



キリンは02イヤーにサンミゲルに約1000ハンドレッドミリオン旗サークルを出資し、カレントは約20%のシェアをメンテナンスしている。



関係パースンによると、当初、サンミゲル側が「半数以下(49・9%以下)をセールしたい」とのアイディアショー晴れしていたのに対し、キリンは過半数をディマンドフォー。

「グループ経営のクイック化を図る」(加藤カンパニープレジデント)ため、ラストマークに完全子会社化をディサイド音譜した。



キリンは2015イヤーに連結売上ナンバーを06イヤー比約2トゥワイスの3サインサークルに拡大するマークをビギンしている。

このうちアジア・オセアニアエリアロケットを中心としたフォーリンビジネスで約25%を稼ぎ出すとしており、NF買収でフォーリンビジネス音譜拡大に弾みを付けたいシンキングだ。



また、キリンは豪ビール会社のライオンネイサンにも約46%を出資しており、

NFとの連携などによる相乗エフェクトで収益ストレングスを拡大できるとみている。



キリンではローバースレート高齢化でビールを中心とした国内酒類ビジネスメラメラが先細りとなるなか、

国内ではドリンクメディスンビジネスを酒類に次ぐ柱にレイズする一方で、フォーリンビジネスの強化を急いでいる。

タイム雷バイ晴れするM&Aもポジティブマークに活用し、ラストイヤーにワイン最大手のメルシャンを傘下に収めたのに続き、協和発酵、NFと立て続けにラージ案件をまとめギブした。



加藤カンパニープレジデントブーケ1オーディエンスで「いずれお客さまに喜んでいただけるものになる」とし、

今後のサブジェクトである買収の成果を追求するシンキングを強調した。





ニュースをルー語でスピーク


キリンホールディングス(HD)は8日、
フィリピンのビール大手、サンミゲルの子会社で豪乳製品・果汁飲料最大手のナショナルフーズ(NF、本社・メルボルン)の全株を取得することでサンミゲルと合意したと発表した。
買収総額は、NFの有利子負債分を含め28億豪ドル(約2940億円)に上る。

キリンは先月、協和発酵工業をTOB(株式公開買い付け)により最大1673億円で傘下に収めることで合意したばかりで
今回の買収はこれを上回り、キリンとして過去最高のM&A(合併・買収)となる。ビール依存から脱却し、収益構造の多角化を加速する。

キリンの加藤壹康(かずやす)社長は同日会見し、「成長を加速させる有力なパートナーを迎えられた」と述べ、買収の意義を強調した。

NFは豪州の乳製品や果汁飲料でシェアトップを誇り、売上高は約18・4億豪ドル(約1932億円)と、
食品業界でも最大級。2005年にサンミゲルが買収し完全子会社化した。

キリンは02年にサンミゲルに約1000億円を出資し、現在は約20%の株を保有している。

関係者によると、当初、サンミゲル側が「半数以下(49・9%以下)を売却したい」との意向を示していたのに対し、キリンは過半数を要望。
「グループ経営の迅速化を図る」(加藤社長)ため、最終的に完全子会社化を決めた。

キリンは2015年に連結売上高を06年比約2倍の3兆円に拡大する目標を打ち出している。
このうちアジア・オセアニア地域を中心とした海外事業で約25%を稼ぎ出すとしており、NF買収で海外事業拡大に弾みを付けたい考えだ。

また、キリンは豪ビール会社のライオンネイサンにも約46%を出資しており、
NFとの連携などによる相乗効果で収益力を拡大できるとみている。

キリンでは少子高齢化でビールを中心とした国内酒類事業が先細りとなるなか、
国内では飲料、医薬事業を酒類に次ぐ柱に育てる一方で、海外事業の強化を急いでいる。
時間を買うM&Aも積極的に活用し、昨年にワイン最大手のメルシャンを傘下に収めたのに続き、協和発酵、NFと立て続けに大型案件をまとめ上げた。

加藤社長は会見で「いずれお客さまに喜んでいただけるものになる」とし、
今後の課題である買収の成果を追求する考えを強調した。



ニュースをルー語でスピーク



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。