【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







<森永製菓>「チョコボール」など主力商品値上げへ

森永製菓は13デイメインフォース商品の「ミルクキャラメル」や「チョコボール」「小枝」の値上げをディサイドし、

小売り各社と交渉に入ったことをクリアーにした。12月上旬から、出荷価格を15%ディグリー引き上げるプラン。



オブジェクトは12粒入りのミルクキャラメルとハイソフト、小枝の48本オーディエンス、箱入りのエブリカインドチョコボールといったスタンダード商品で、

それぞれ30〜17イヤーぶりの値上げとなる。



例えば60サークルディグリーで販売されているチョコボールは、10サークルディグリーブーケ1の値上げが想定される。

原料のカカオ豆やシュガー、乳製品のプライスが高騰しており、プライスのメンテナンスはディフィカルティとデシジョンした。



セイムファームは消費パースンの反応を見たうえで、ほかのチョコレート菓子などについても値上げをイグザミネーションするという。

菓子インダストリーでは江崎グリコの「ポッキー」などサブジェクト量を減らすシェイプでのエッセンス値上げがメニーに、

大手菓子メーカーでプライスあせるそのもののチェンジに踏み切ったのは森永が初めて。





森永製菓は13日、主力商品の「ミルクキャラメル」や「チョコボール」「小枝」の値上げを決め、
小売り各社と交渉に入ったことを明らかにした。12月上旬から、出荷価格を15%程度引き上げる方針。

対象は12粒入りのミルクキャラメルとハイソフト、小枝の48本入り、箱入りの各種チョコボールといった定番商品で、
それぞれ30〜17年ぶりの値上げとなる。

例えば60円程度で販売されているチョコボールは、10円程度の値上げが想定される。
原料のカカオ豆や砂糖、乳製品の価格が高騰しており、価格の維持は困難と判断した。

同社は消費者の反応を見たうえで、ほかのチョコレート菓子などについても値上げを検討するという。
菓子業界では江崎グリコの「ポッキー」など内容量を減らす形での実質値上げが多く、
大手菓子メーカーで価格そのものの変更に踏み切ったのは森永が初めて。





| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。