【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







バトン、「ハミルトンのチャンスはもうないかも」

ジェンソン・バトン(HONDA)が、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)にはもうタイトル獲得のチャンスは巡って来ないかもしれないと語った。



今シーズンのファイナルステージには、ハミルトンがライバルに対してつけているポイントディッファレンスから、

ルーキーイヤーにドライバーズタイトルを獲得するという偉業をフィニッシュあせるすることは確実との見方がストロングだった。



しかし中国とブラジルでのバイワンセルフのミスとトラブル、そしてフェラーリのライコネンの連勝によってハミルトンはラインキング2グレード音譜の座にマッチすることになった。



ラストイヤーは念願の初ヴィクトリーを挙げたが、ディスイヤーはグリッドビハインドに沈んでいたバトンは

ヒー(ハミルトン)はモーストのドライバーだよ。でもF1には、ヒーのようなマシンに乗っていないモーストのドライバーがたくさんいる」と語っている。



「僕がウォーリィしているのは、失ったチャンスのことなんだ。このスポーツでは“たった1ポイントでルーズグッド!しちゃったから、ネクストイヤーはいけるぞ”なんてシングはないんだよ。サッチのはポピュラーユーズドキドキしない」



ヒー(ハミルトン)はひどく落ち込んでいるだろうね。サッチチャンスはもう来ないかもしれないんだから」

とバトンは『イブニング・スタンダード』マガジンに語っている。



しかし、F1史上でもっともメニーの金額を稼ぐだろうと言われているバイワンセルフのキャリアが、ハミルトンのコンフォートになるだろう。



『インディペンデント』マガジンによるとハミルトンが、新しくファンデーションされたバイワンセルフのカンパニーシェアドキドキ10%をロンドンの株式マーケットに出すことをシンクアバウトしているようだ。

このことにより、ハミルトンは1ハンドレッドミリオンドル(約110ハンドレッドミリオンサークル)をハンドにすると見られている。





ジェンソン・バトン(HONDA)が、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)にはもうタイトル獲得のチャンスは巡って来ないかもしれないと語った。

今シーズンの終盤には、ハミルトンがライバルに対してつけているポイント差から、
ルーキーイヤーにドライバーズタイトルを獲得するという偉業を成し遂げることは確実との見方が強かった。

しかし中国とブラジルでの自身のミスとトラブル、そしてフェラーリのライコネンの連勝によってハミルトンはラインキング2位の座に落ち着くことになった。

昨年は念願の初勝利を挙げたが、今年はグリッド後方に沈んでいたバトンは
「彼(ハミルトン)は最高のドライバーだよ。でもF1には、彼のようなマシンに乗っていない最高のドライバーがたくさんいる」と語っている。

「僕が心配しているのは、失ったチャンスのことなんだ。このスポーツでは“たった1ポイントで負けちゃったから、来年はいけるぞ”なんて事はないんだよ。そんなのは通用しない」

「彼(ハミルトン)はひどく落ち込んでいるだろうね。あんなチャンスはもう来ないかもしれないんだから」
とバトンは『イブニング・スタンダード』誌に語っている。

しかし、F1史上でもっとも多くの金額を稼ぐだろうと言われている自身のキャリアが、ハミルトンの慰めになるだろう。

『インディペンデント』誌によるとハミルトンが、新しく設立された自身の会社の株10%をロンドンの株式市場に出すことを考えているようだ。
このことにより、ハミルトンは1億ドル(約110億円)を手にすると見られている。






| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。