【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







オジェック氏が次期日本代表監督に内定

サッカージャパンタイプビックリマークイビチャ・オシム監督(66)の後任に、浦和監督のホルガー・オジェックファミリーネーム(59)が就任することが19デイ、クリアー合格になった。

オシム監督が16デイにブレイン目ブロック雷(こうそく)でブレイクダウンしてから、ジャパンアソシエイションは同監督のリカバリーウィッシュクラッカーしつつも、後任選びを進めていた。

同監督のアクチュアルスポットリターンが難しいケース流れ星に備え、カナダタイプ監督や国際サッカー連盟(FIFA)アート委員などを歴任したオジェックファミリーネームを後任に内定した。すでに打診を済ませ、同氏も就任に前向き。

アーリーならば12月のクラブW杯エンドシンスゼンにも、オフィシャル発表される。

 

ジャパンタイプドキドキの新たなコマンド官に、浦和をACL優勝に導いたばかりのオジェックファミリーネームがテイクする。

ジャパンアソシエイション爆弾はオシム監督がブレイクダウンした直後に、監督チェンジをリザーブ。指導ストレングスはもちろんだが、ジャパンサッカーや選手を熟知していることをコンディションに、後任としてオジェックファミリーネームを内定した。

 

もちろんオシム監督がリカバリー合格し、再びタイプのコマンド音譜をテイクすれるにこしたことはない。メニーの関係パースンやファンも望んでいる。

しかし、大病のシンスゼンで後遺症もウォーリィ流れ星。66歳の同監督の体調をシンクアバウトすれば、ハードワークをフォースひらめき電球することはできない。

ネクストイヤー2月にはW杯プライマリーもドローニヤーする。



このデイ、ジャパン協会の田嶋スペシャルデューティー理事も

「オシム監督のリカバリーをウィッシュするのが先だが、いろいろなミーニングでクライシスコントロール雷をやっていくネセサリーはあるとシンクする」

と早急な後任選びのネセサリーカスタムマウスにした。

 

オシム監督の体調アングザイエティーは就任アワーから言われてきた。パースンヒムセルフも、アットファーストはヘルスコンディションへのアングザイエティーをリーズンに就任を固辞したほど。

突発マークに指揮官不在になるポッシブルカスタムブーケ1は常にあった。

ジャパンアソシエイションは同監督のヘルスコントロール!!スピリットドンッを付けながらも、水面アンダーで「リザーブ」を進めていた。

ジーコ監督の後任としてもネームの挙がったオジェックファミリーネームは、そのブラッシュティップ候補。

ジャパンアソシエイションと浦和がミステリーな連絡を取っていたことで、素早い対応ができた。

 

オジェックファミリーネームはオシム監督とのフレンドシップもディープに、同監督がブレイクダウンするラストナイトにも1タイムニヤーテレフォンでスピークしている。

ともにFIFAアート委員のエクスペリエンスがあり、ディフェンスラブラブファンデーションヒューマンとボールがムーブするスタイルもシミラーしている。

ここまで1イヤー4カ月でビルドアップドンッした「オシムスタイルオブ」を継承するには最適なコマンド官といえる。

ベリィラージエリアディッファレンスのヴァイオレントなアジアでのW杯プライマリーには、今季ACLを制したエクスペリエンスリブ汗しそうだ。

 

オジェックファミリーネームと浦和の契約はディスシーズンいっぱい。浦和側は契約延長のオファーを出しているが、まだサインはしていない。

すでに日本アソシエイションから打診を受けているセイドパースン合格は、就任に前向き。

MF阿部、DF闘莉王ら浦和エナジーメニーあせるタイプでプレーしていることから、新しいチャレンジへのアングザイエティーもない。

 

オジェックファミリーネームには、まだクラブW杯と天皇杯が残っている。

12月3デイから予定されているトレーニングキャンプ合格は現オーダーのまま、大熊コーチを監督代行としてプットイントゥプラクティス

契約コンディション旗など細部を詰めてオフィシャルドキドキ契約はネクストイヤー1月から、浦和のディスシーズン全プログラムエンドシンスゼンにもオフィシャル発表される。

ジャパンサッカーにディレクションあせるカスタムをプラントした「オシムジャパン」のシンスゼンアクセプトメラメラし、10イヤーのW杯南アフリカマスミーティングポイントして「オジェック・ジャパン」が始動する。





サッカー日本代表イビチャ・オシム監督(66)の後任に、浦和監督のホルガー・オジェック氏(59)が就任することが19日、明らかになった。
オシム監督が16日に脳梗塞(こうそく)で倒れてから、日本協会は同監督の回復を祈りつつも、後任選びを進めていた。
同監督の現場復帰が難しい場合に備え、カナダ代表監督や国際サッカー連盟(FIFA)技術委員などを歴任したオジェック氏を後任に内定した。すでに打診を済ませ、同氏も就任に前向き。
早ければ12月のクラブW杯終了後にも、正式発表される。
 
日本代表の新たな指揮官に、浦和をACL優勝に導いたばかりのオジェック氏が就く。
日本協会はオシム監督が倒れた直後に、監督交代を準備。指導力はもちろんだが、日本サッカーや選手を熟知していることを条件に、後任としてオジェック氏を内定した。
 
もちろんオシム監督が回復し、再び代表の指揮を執れるにこしたことはない。多くの関係者やファンも望んでいる。
しかし、大病の後で後遺症も心配。66歳の同監督の体調を考えれば、激務を強いることはできない。
来年2月にはW杯予選も迫る。

この日、日本協会の田嶋専務理事も
「オシム監督の回復を祈るのが先だが、いろいろな意味で危機管理をやっていく必要はあると思う」
と早急な後任選びの必要性を口にした。
 
オシム監督の体調不安は就任時から言われてきた。本人も、当初は健康状態への不安を理由に就任を固辞したほど。
突発的に指揮官不在になる可能性は常にあった。
日本協会は同監督の健康管理に気を付けながらも、水面下で「準備」を進めていた。
ジーコ監督の後任としても名前の挙がったオジェック氏は、その筆頭候補。
日本協会と浦和が密な連絡を取っていたことで、素早い対応ができた。
 
オジェック氏はオシム監督との親交も深く、同監督が倒れる前夜にも1時間近く電話で話している。
ともにFIFA技術委員の経験があり、守備を基盤に人とボールが動くスタイルも似ている。
ここまで1年4カ月で築き上げた「オシム流」を継承するには最適な指揮官といえる。
広大で地域差の激しいアジアでのW杯予選には、今季ACLを制した経験が生きそうだ。
 
オジェック氏と浦和の契約は今季いっぱい。浦和側は契約延長のオファーを出しているが、まだサインはしていない。
すでに日本協会から打診を受けている同氏は、就任に前向き。
MF阿部、DF闘莉王ら浦和勢の多くが代表でプレーしていることから、新しいチャレンジへの不安もない。
 
オジェック氏には、まだクラブW杯と天皇杯が残っている。
12月3日から予定されている合宿は現体制のまま、大熊コーチを監督代行として実施。
契約条件など細部を詰めて正式契約は来年1月から、浦和の今季全日程終了後にも正式発表される。
日本サッカーに方向性を植え付けた「オシムジャパン」の後を受け、10年のW杯南アフリカ大会に向けて「オジェック・ジャパン」が始動する。





| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。