【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







食品偽装の余波ジワリ 買い物客、原産地や表示じっくり

食品の需要がライズ晴れする年末年始をドローインし、“たたき売り”で知られる東京・上野のアメヤ横丁でも

フレッシュ品などのホームや表示をスピリットにするショッピングゲストが増え、食品偽装のメモリーがじわじわとプッシュアサイドしている。

一方、農水省は19デイ、ホールカントリーの都道府県チャージパースン雷らをコレクトして監視の強化を指示。

秋田のミート加工「比内チキン」や大阪のレストラン「船場吉兆」など、

悪質な食品偽装にはポリースがポジティブマーク!!な摘発に乗り出しており、ミールをめぐる不穏なアクティビティーロケットはまだまだ続きそうなウォーリィだ。

 

◆アメ横

Yes、大トロ1000円だよ!」。パワーのいい掛け声がフライアバウトするアメ横。

JR上野ステーションから御徒町ステーションまでの約500メートルに400以上のショップがひしめき、魚介カインドはてなマークや乾物がロープライスで売られている。

 

軒先で試飲のダシをゲストオファードンッしていた天然ダシ・昆布店のマンショップマネージャー(59)は、

「お客さんがプライスよりもフィーチャーに原材料や賞味タームの表示をじっくりと見る。ディスイヤーの特徴ですね」とスピークグッド!する。

 

総合食品ストアーマンクラーク(35)は

「中国イノセントを敬遠するゲストがメニーにて大変なのに、国内の偽装プロブレムが相まって、とにかく目が厳しい。

チープならばいいというシンキングだけで売っていたらやっていけない」と愚痴をこぼす。

 

Butクラークに聞いてもホームがよくわからないような一部の食品が、

ゲスト合格クラークプライス!?交渉で売られているのもアメ横の魅力だ。

 

50ワールドのマンショップオーナーひらめき電球は「アメ横の激チープ品は、例えば賞味タームがぎりぎりで、傷物だからチープということをゲストアンダースタンディングしている。

赤福ソートオブな、あからさまな『偽装』とアメ横の文化はあまり関係ない」と意に介さない。

 

一方で、食品の安全・ピースオブマインドをリクエスト旗する消費パースンのボイスを無視することもディッフィカルト雷



アメ横ショップ街連合ミーティングの深沢芳彦副プレジデント

「保健所の指導は年々厳しくなっているのはシュアクラッカー。きちんと表示できないストアーは淘汰(とうた)されていくだろう」とスピークしている。








食品の需要が高まる年末年始を控え、“たたき売り”で知られる東京・上野のアメヤ横丁でも
生鮮品などの原産地や表示を気にする買い物客が増え、食品偽装の余波がじわじわと押し寄せている。
一方、農水省は19日、全国の都道府県担当者らを集めて監視の強化を指示。
秋田の食肉加工「比内鶏」や大阪の料亭「船場吉兆」など、
悪質な食品偽装には警察が積極的な摘発に乗り出しており、食をめぐる不穏な動きはまだまだ続きそうな気配だ。
 
◆アメ横
「はい、大トロ1000円だよ!」。威勢のいい掛け声が飛び交うアメ横。
JR上野駅から御徒町駅までの約500メートルに400以上の店舗がひしめき、魚介類や乾物が安価で売られている。
 
軒先で試飲のダシを客に勧めていた天然ダシ・昆布店の男性店長(59)は、
「お客さんが値段よりも先に原材料や賞味期限の表示をじっくりと見る。今年の特徴ですね」と話す。
 
総合食品店の男性店員(35)は
「中国産を敬遠する客が多くて大変なのに、国内の偽装問題が相まって、とにかく目が厳しい。
安ければいいという考えだけで売っていたらやっていけない」と愚痴をこぼす。
 
だが、店員に聞いても原産地がよくわからないような一部の食品が、
客と店員と価格交渉で売られているのもアメ横の魅力だ。
 
50代の男性商店主は「アメ横の激安品は、例えば賞味期限がぎりぎりで、傷物だから安いということを客も理解している。
赤福みたいな、あからさまな『偽装』とアメ横の文化はあまり関係ない」と意に介さない。
 
一方で、食品の安全・安心を求める消費者の声を無視することも難しい。

アメ横商店街連合会の深沢芳彦副会長は
「保健所の指導は年々厳しくなっているのは確か。きちんと表示できない店は淘汰(とうた)されていくだろう」と話している。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。