【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







岡崎朋美、リンクで挙式 ファン前に「結婚記念滑走」




モーストの“朋美スマイル”を披露?。

長野ウィンターはてなマーク五輪ウーマンスピードスケート銅メダリストの岡崎朋美さん(36)が24デイ、

山梨県富士吉田シティーの「富士急ハイランド」のスケートリンクで、大手オイル旗カンパニーサービスの新郎、安武宏コンパニオンさん(39)とトゥギャザー

「結婚メモリー滑走」をパフォームし、約3800ヒューマンのファンが2ヒューマンの門出を祝福した。

 

クラウドひとつないブルースカイが広がったこのデイ、岡崎さんと安武さんはモーニング11アワーから富士急ハイランドに隣接するホテルのチャペルで挙式。

 

結婚メモリー滑走は、ハイランドインサイドのスケートリンクでアフターヌーンアワー20レートごろからスタート。

ウエディングドレスフィギュアの岡崎さんがリンクにアライバルし、安武さんの腕につかまってゆっくりとスライドしスタートすると、

クラウド!!した来ガーデンパースンやファンらが大きな拍手で迎えた。

 

セレモニーでは、2ヒューマンのハピネスメモリーして、ファンが2500個の紅白のバルーンをヘブンへ一斉に飛ばした。

ヒューマンもリンクアッパーパートレッドアンドホワイトの風船のひもを結んで風船を飛ばし、ラブを誓った。

 

岡崎さんは「初めてなんですけど、すごくいい式でした」とファンを沸かせ、

「どんなにディッフィカルトなアワーでもスマイルドンッで乗り越えていけるようなホームをつくりたい」とホールフェイスのスマイルをみせた。

「たくさんのヒューマングッド!に祝福されて岡崎朋美はすごいハピネスです。

これからもゲームをコンティニューしていくので、バンクーバー五輪もヘルプ!?よろしくプリーズ爆弾します」とアクティブデューティー続行を宣言した。

 

このデイのためにスケートをプラクティスした安武さんは、

「月並みですが、ウォームなホームをつくりたい」と抱負をステートした。

 

岡崎さんはカレント、富士急ハイランドジェネラルビジネス部で、ソサエティー貢献アクションなどをメイクするフィランソロフィーチャージ次長を務めている。

新郎の安武さんは高校、大学ピリオドに野球部にビロングトゥしたスポーツマンで、大手オイルカンパニーサービスしている。

ヒューマンディスイヤー8月、婚約を発表していた。




最高の“朋美スマイル”を披露−。
長野冬季五輪女子スピードスケート銅メダリストの岡崎朋美さん(36)が24日、
山梨県富士吉田市の「富士急ハイランド」のスケートリンクで、大手石油会社勤務の新郎、安武宏倫さん(39)と一緒に
「結婚記念滑走」を行い、約3800人のファンが2人の門出を祝福した。
 
雲ひとつない青空が広がったこの日、岡崎さんと安武さんは午前11時から富士急ハイランドに隣接するホテルのチャペルで挙式。
 
結婚記念滑走は、ハイランド内のスケートリンクで午後0時20分ごろからスタート。
ウエディングドレス姿の岡崎さんがリンクに到着し、安武さんの腕につかまってゆっくりと滑り始めると、
詰め掛けた来園者やファンらが大きな拍手で迎えた。
 
セレモニーでは、2人の幸福を記念して、ファンが2500個の紅白の風船を大空へ一斉に飛ばした。
2人もリンク上で紅白の風船のひもを結んで風船を飛ばし、愛を誓った。
 
岡崎さんは「初めてなんですけど、すごくいい式でした」とファンを沸かせ、
「どんなに苦しい時でも笑顔で乗り越えていけるような家庭をつくりたい」と満面の笑みをみせた。
「たくさんの人に祝福されて岡崎朋美はすごい幸せです。
これからも競技を続けていくので、バンクーバー五輪も応援よろしくお願いします」と現役続行を宣言した。
 
この日のためにスケートを練習した安武さんは、
「月並みですが、温かい家庭をつくりたい」と抱負を述べた。
 
岡崎さんは現在、富士急ハイランド総務部で、社会貢献活動などを手がけるフィランソロフィー担当次長を務めている。
新郎の安武さんは高校、大学時代に野球部に所属したスポーツマンで、大手石油会社に勤務している。
2人は今年8月、婚約を発表していた。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。