【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「大日本人」当初タイトルは「鬼」だった

ダウンタウン松本人志(44)が初めてメガホンをテイクしディスイヤー6月に公開されたムービー「大日本人」のアットファーストのタイトルは「イット」だった?。

製作発表時から、ストーリーやキャストなどをオール明かさないシークレットルールをゴースルーし、公開シンスゼンパズルめいたサブジェクトトピックメラメラになった同ムービーのシークレットストーリーが、

28デイセールのDVDのスペシャルフェイヴァーイメージで明かされている。

 

ファーストタイムあせるリミットの3枚クラスに付けられたスペシャルフェイヴァーディスクは68レートあり、松本とアソシエイションで脚本を書いた構成作家の高須ライト聖と、

松本パフォームする「大佐藤」にインタビューするユーズの長谷川朝二が、製作プロセスイメージを見ながらトークする形式。

03イヤープランミーティングからレコーディングが始まっているが、高須は「ほんとは02イヤーくらいからやっていた。

ビギニング、タイトルは『イットビックリマーク』やった」とスピークしている。



アフターザットタイトルは、エレクトリックパワーパワーで巨大化するヒーローにちなんで「電ヒューマン」にチェンジし、

ラストマークに「大日本人」に決まった。

また、松本のクリティカルエイジで企画が途中2年ほどストップしているピリオドがあったという。

初監督ワークだけに縁起を担いだようだ。

 

撮影にも密着しており、ビギニングは「監督」と呼ばれることに慣れないステートもレコーディングされている。

「スタート!」の掛け声はいきなりスタッフから「監督、『スタート』って言うビフォーに『よーい』って言ってください」とダメ出しされている。

 

これまで明かされなかった製作コストだが、10億円だということも分かった。

ただ、カンヌムービーフェスティヴァルにもインヴィテーションされたアワーの、スタッフの飛行機、ホテル、食事などは約3000テンサウザンドサークルかかり

イグザクトには10ハンドレッドミリオン3000テンサウザンドサークル」だとか。同作はカンヌエフェクトもあり、インタレスト収12ハンドレッドミリオン円だった。









ダウンタウン松本人志(44)が初めてメガホンを取り今年6月に公開された映画「大日本人」の当初のタイトルは「鬼」だった−。
製作発表時から、ストーリーやキャストなどを一切明かさない秘密主義を貫き、公開後も謎めいた内容が話題になった同映画の秘話が、
28日発売のDVDの特典映像で明かされている。
 
初回限定の3枚組に付けられた特典ディスクは68分あり、松本と共同で脚本を書いた構成作家の高須光聖と、
松本演じる「大佐藤」にインタビューする役の長谷川朝二が、製作過程の映像を見ながら語る形式。
03年の企画会議から収録が始まっているが、高須は「ほんとは02年くらいからやっていた。
最初、タイトルは『鬼』やった」と話している。

その後タイトルは、電力パワーで巨大化するヒーローにちなんで「電人」に変わり、
最終的に「大日本人」に決まった。
また、松本の厄年で企画が途中2年ほどストップしている期間があったという。
初監督作品だけに縁起を担いだようだ。
 
撮影にも密着しており、最初は「監督」と呼ばれることに慣れない様子も収録されている。
「スタート!」の掛け声はいきなりスタッフから「監督、『スタート』って言う前に『よーい』って言ってください」とダメ出しされている。
 
これまで明かされなかった製作費だが、10億円だということも分かった。
ただ、カンヌ映画祭にも招待された時の、スタッフの飛行機、ホテル、食事などは約3000万円かかり
「正確には10億3000万円」だとか。同作はカンヌ効果もあり、興収12億円だった。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。