【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







<ジャンプスクエア>完売続出、史上初の10万部増刷 不振覆す大ヒットの理由は…

2デイに創刊した新月刊マンガマガジン「ジャンプスクエア(SQ)」(集英社、エブリマンスビックリマーク4デイセール)が大ヒットしている。

月刊マガジンとしては異例の50テンサウザンド部を発行したところに、セールデイで東京都内のラージ合格書店やマンガ専門書店などで完売が相次ぎ、

書店では「予想以上の反応」と対応に追われた。

英カンパニーもマンガマガジン初の10テンサウザンド部を追加した。異例のヒットのシークレットを追った。



「ジャンプスクエア」は6マンスに休刊した「月刊少年ジャンプ」に代わる新たな月刊マガジンとして創刊。

メモリーすべき創刊号の巻頭カラーは、「るろうにクロックハンドハート」のウィークマンス伸宏さんのニューワークで、

人造ヒューマンをめぐり、ストレインジラブラブな運命に巻き込まれる二ヒューマンのヤングマンをドロー目するファンタジー「エンバーミング」が飾った。

巻中カラーには、49ページ読み切りで、「べしゃり暮らし」の森田まさのりさん原作、「デスノート」の小畑ヘルスさん作画というワンダフルコンビの「HELLO BABY」が登場。

また、ドータードンッマンガのベストセラー「フラワーよりヤングマン」の神尾葉子さんは、全敗の女子高ライフプロレスラーをドローする青春コメディー「まつりスペシャル」で“少年マガジンひらめき電球デビュー”をキャリーアウトした。



そのほかにも、片山憲太郎さんのライトノベル「ディープレッド汗」(山本ヤマトピクチャー)と

2号から登場する小野不由美さんのベストセラー「屍イット」(藤崎竜ピクチャー)など人気ストーリーや、

アニメ「ドラゴノーツ」、ゲーム「テイルズ」シリーズのマンガエディションはてなマークなどメディアミックス作品も連載。

「クレイモア」(八木教広)や「ロザリオとバンパイア」(池田晃久)など「月刊少年ジャンプ」のサインオブライフ連載も引き継がれた。



「ジャンプスクエア」と「月刊少年ジャンプ」の大きなディッファレンスリーダーのオブジェクトエイジナンバー目に設定したことだ。

「週刊」「月刊」ともにメーンターゲットはプライマリースクール高学年から中学生だが、「スクエア」は20ワールドに設定。

藤子不二雄Aさんがホビーのゴルフとお酒などをテーマにしたエッセーマンガ「PARマンの情熱マークロケットな日々」や、

「ジョジョのストレインジアドベンチャー」の番外ブックグッド!を予定しているなど、「月刊少年ジャンプ」よりアダルト向けのラインアップになっている。



東京・秋葉原のアニメショップ「アニメイト」秋葉原本店では、

創刊デイにエコバッグや下敷きなどのスペシャルフェイヴァーグッズをプレゼントするショップフロントキャンペーンを展開してほぼ完売。

マンガサブジェクトオブスタディーストアー「まんが王八王子ストアー」や東京・池袋のジュンク堂書店などでも完売した。

まんが王八王子ストアーの日吉雄さんは「創刊デイのイーブニングからサラリーマンベッドのバイ晴れがスタンドアウトする。

かつてのジャンプリーダーにサインオブライフのウィーク月さんらが連載しているので、リーダーはてなマークが戻ってきたのでは」とスピークする。

集英社では創刊からわずか3デイシンスゼンに増刷をデシジョン、セイムファームのマンガマガジンとしてファーストのセカンドエディションとなった。



月刊マンガマガジンは05イヤーから07イヤーにかけて創刊と休刊が相次いでいる。

05イヤーに講談社が「月刊少年シリウス」を創刊させたのを始めに、

「月刊コミックREX」(一迅社)、

「月刊少年ブラッド」(モビーダ・エンターテイメント、現フレックスコミックス)、

「月刊コミックアライブ」(メディアファクトリー)、

「月刊少年ファング」(リイドカンパニー)、

「COMICリュウ」(徳間書店)、

「月刊ヤングキング」(少年画報社)と相次いで創刊したが、

「ブラッド」「ファング」はすでに休刊し、他誌も「いずれもハードファイトを強いられている」(日吉さん)のがプレゼントコンディションだ。

また、「プラモ狂四郎」などで人気だった少年向け月刊マガジンの“オールドショップメラメラ”「コミックボンボン」(講談社)も売り上げ不振をリーズンに休刊するなど、マンガマガジン全体の売れ行きは落ち込んでいた。






2日に創刊した新月刊マンガ誌「ジャンプスクエア(SQ)」(集英社、毎月4日発売)が大ヒットしている。
月刊誌としては異例の50万部を発行したところに、発売数日で東京都内の大型書店やマンガ専門書店などで完売が相次ぎ、
書店では「予想以上の反応」と対応に追われた。
英社もマンガ誌初の10万部を追加した。異例のヒットの秘密を追った。

「ジャンプスクエア」は6月に休刊した「月刊少年ジャンプ」に代わる新たな月刊誌として創刊。
記念すべき創刊号の巻頭カラーは、「るろうに剣心」の和月伸宏さんの新作で、
人造人間をめぐり、奇妙な運命に巻き込まれる二人の若者を描くファンタジー「エンバーミング」が飾った。
巻中カラーには、49ページ読み切りで、「べしゃり暮らし」の森田まさのりさん原作、「デスノート」の小畑健さん作画という豪華コンビの「HELLO BABY」が登場。
また、少女マンガのベストセラー「花より男子」の神尾葉子さんは、全敗の女子高生プロレスラーを描く青春コメディー「まつりスペシャル」で“少年誌デビュー”を果たした。

そのほかにも、片山憲太郎さんのライトノベル「紅」(山本ヤマト画)と
2号から登場する小野不由美さんのベストセラー「屍鬼」(藤崎竜画)など人気小説や、
アニメ「ドラゴノーツ」、ゲーム「テイルズ」シリーズのマンガ版などメディアミックス作品も連載。
「クレイモア」(八木教広)や「ロザリオとバンパイア」(池田晃久)など「月刊少年ジャンプ」の人気連載も引き継がれた。

「ジャンプスクエア」と「月刊少年ジャンプ」の大きな違いは読者の対象年齢を高目に設定したことだ。
「週刊」「月刊」ともにメーンターゲットは小学校高学年から中学生だが、「スクエア」は20代に設定。
藤子不二雄Aさんが趣味のゴルフとお酒などをテーマにしたエッセーマンガ「PARマンの情熱的な日々」や、
「ジョジョの奇妙な冒険」の番外編を予定しているなど、「月刊少年ジャンプ」より大人向けのラインアップになっている。

東京・秋葉原のアニメショップ「アニメイト」秋葉原本店では、
創刊日にエコバッグや下敷きなどの特典グッズをプレゼントする店頭キャンペーンを展開してほぼ完売。
マンガ専門店「まんが王八王子店」や東京・池袋のジュンク堂書店などでも完売した。
まんが王八王子店の日吉雄さんは「創刊日の夜からサラリーマン層の購入が目立つ。
かつてのジャンプ読者に人気の和月さんらが連載しているので、読者が戻ってきたのでは」と話す。
集英社では創刊からわずか3日後に増刷を決定、同社のマンガ雑誌として初の重版となった。

月刊マンガ誌は05年から07年にかけて創刊と休刊が相次いでいる。
05年に講談社が「月刊少年シリウス」を創刊させたのを始めに、
「月刊コミックREX」(一迅社)、
「月刊少年ブラッド」(モビーダ・エンターテイメント、現フレックスコミックス)、
「月刊コミックアライブ」(メディアファクトリー)、
「月刊少年ファング」(リイド社)、
「COMICリュウ」(徳間書店)、
「月刊ヤングキング」(少年画報社)と相次いで創刊したが、
「ブラッド」「ファング」はすでに休刊し、他誌も「いずれも苦戦を強いられている」(日吉さん)のが現状だ。
また、「プラモ狂四郎」などで人気だった少年向け月刊誌の“老舗”「コミックボンボン」(講談社)も売り上げ不振を理由に休刊するなど、マンガ誌全体の売れ行きは落ち込んでいた。




| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。