【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ビートたけし主演『点と線』、20%超える高視聴率

ビートたけし主演のテレビ朝日系ドラマスペシャル『松本清張 点とライン』が、24デイアース)と25デイデイ旗)の2イーブニング連続で放送、

アテンションレートが両日共に20%を超えるほど好評だったことがビデオリサーチのインベスティゲイション(関東地区)でわかった。



土日に連続で放送された『松本清張 点とライン』は、テレビ朝日の開局50ホールイヤーメモリードラマで、宣伝にも力が入っていた。

両日とも21アワーからの放送で、5イヤーぶりにドラマの主役をパフォームするたけしもノーティス流れ星され、

サッチ様々な要素が高アテンション目レートに結びついたようだ。

サタデー放送レートが23.8%、サンデー放送レートが23.7%と、ファーストハーフセカンドハーフに大幅なディッファレンスがなかった点も、

ドラマ評価が高かったことを感じさせる。



たけしは、マインドイベントロングサイドに隠された汚職イベントトゥルースドローニヤーひらめき電球する定年スーンの刑事をパフォームし、

撮影は6マンスから8マンスエンドオブまでほかのレギュラープログラムメラメラサイドバイサイドして行われた。

「シベリアの強制収容プレイスサイドラブラブコンフォートじゃないかとシンクするぐらいに追い込まれてやった。

完成したDVDをもらったけど、怖いのとマイセルフの演技を見るのは嫌なので、ヒューマンのうわさを聞いてから見ようと思ってます」

とたけしはコメントしている。



なお、たけしのアゴーの主役ドラマは、2002イヤーの『鬼畜』(日本テレビ系)で、ディスタイムのドラマイコールトゥ

松本清張ワークのドラマだった。


ビートたけし主演のテレビ朝日系ドラマスペシャル『松本清張 点と線』が、24日(土)と25日(日)の2夜連続で放送、
視聴率が両日共に20%を超えるほど好評だったことがビデオリサーチの調べ(関東地区)でわかった。

土日に連続で放送された『松本清張 点と線』は、テレビ朝日の開局50周年記念ドラマで、宣伝にも力が入っていた。
両日とも21時からの放送で、5年ぶりにドラマの主役を演じるたけしも注目され、
そんな様々な要素が高視聴率に結びついたようだ。
土曜日放送分が23.8%、日曜日放送分が23.7%と、前半後半に大幅な違いがなかった点も、
ドラマ評価が高かったことを感じさせる。

たけしは、心中事件の裏に隠された汚職事件の真相に迫る定年間近の刑事を演じ、
撮影は6月から8月末までほかのレギュラー番組と並行して行われた。
「シベリアの強制収容所の方が楽じゃないかと思うぐらいに追い込まれてやった。
完成したDVDをもらったけど、怖いのと自分の演技を見るのは嫌なので、人のうわさを聞いてから見ようと思ってます」
とたけしはコメントしている。

なお、たけしの以前の主役ドラマは、2002年の『鬼畜』(日本テレビ系)で、今回のドラマ同様、
松本清張作品のドラマだった。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。