【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







眞鍋かをり 結婚式で初ブーケ獲得「リアルにうれしい」

タレントの眞ポットかをり(26)が、クローズフレンドのウェディングに出席し、ブーケトスでファーストのブーケを獲得。

ジャンプしすぎとフレンドに言われたというブーケ獲得のモーメント写真を披露した。



ブログによると、眞ポットグッド!はブーケトスのエッジ、ルームのルックでエブリタイムビハインドドンッに陣取るようだ。

しかし、ディスタイムのクローズフレンドのウェディングでは花嫁の投げサイドが勢いグッドすぎ、マイセルフのディレクションへと飛んできたのだそう。

ポットクラッカーはスラムダンクワールドブラッドが騒いだと、サプライズジャンプストレングスひらめき電球を披露。みんなに見届けられながらのキャッチとなった。



ジャパンでもジェネラルマークとなったブーケトスだが、もともとはウェディングにおけるウェストのカスタム

花嫁がバックアクロスにウェディングユーズしたブーケを未婚のウーマンに投げるというもの。

受け取った未婚ウーマンは、次に花嫁になるというジンクスがあるが、これい対し、

ポットあせるは「ジンクスとかそういうのはどーでもよいです」とコメント。

しかし、「リアルにハッピーだったです」と感想をステートした。


タレントの眞鍋かをり(26)が、親友の結婚式に出席し、ブーケトスで初のブーケを獲得。
飛びすぎと友人に言われたというブーケ獲得の瞬間写真を披露した。

ブログによると、眞鍋はブーケトスの際、余裕の面持ちで毎回後方に陣取るようだ。
しかし、今回の親友の結婚式では花嫁の投げ方が勢い良すぎ、自分の方向へと飛んできたのだそう。
眞鍋はスラムダンク世代の血が騒いだと、驚き跳躍力を披露。みんなに見届けられながらのキャッチとなった。

日本でも一般的となったブーケトスだが、もともとは結婚式における欧米の習慣。
花嫁が背中越しに結婚式で使用したブーケを未婚の女性に投げるというもの。
受け取った未婚女性は、次に花嫁になるというジンクスがあるが、これい対し、
眞鍋は「ジンクスとかそういうのはどーでもよいです」とコメント。
しかし、「リアルに嬉しかったです」と感想を述べた。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。