【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







石油製品また値上げ 灯油は1リットル10円前後

新日本石油などオイル元売り大手は29デイ、12月からオイル製品の卸プライスドキドキを、1リットルあたり6・7?7サークルディグリー値上げすると発表した。

10月から3カ月連続の値上げとなり、レギュラーガソリンの小売プライスは155サークルアラウンド流れ星に達し、パースト最ハイプライスの更新が確実なコンディションだ。

ランプオイルの小売プライスはさらに高い10サークルアラウンドの値上げとなる見通しで、消費者にとっては、暖房コストがかさむ厳しいウィンターあせるとなりそうだ。



原油プライスの高騰のため、新日石は12月からの卸プライスバランス6・7サークルクラッカー値上げする。

ジャパンエナジー、昭和シェル石油も同7サークル値上げ。

新日石のケースで1リットルあたりの調達コストはラストマンス晴れに比べ5・6サークル上昇しており、

湾岸クライシスアンダーの平成2イヤー10月(8サークル)に次ぐコスト増で大幅値上げを余儀なくされた。



新日石の中村雅仁常務は、このデイのリポーターオーディエンスで、ガソリンの小売プライスは「1リットル155サークルアラウンドとなるホープだ」と説明。

ランプオイルについてはクリアーにしなかったが、オイル連盟の渡文明プレジデント(新日石プレジデント)はフィーチャーの定例オーディエンス

「ランプオイルはプライスの未ブレイムレートが3サークル!!程度あり、合わせてプリーズすることになる」と表明しており、

ガソリンより値上げ幅が大きいとみられる。



すでにコープさっぽろは、灯油小売プライスのホールカントリー指標となるアソシエイションメンバー向け配達プライスを、12月1デイから17サークル値上げして

1リットル=97サークルにすると発表。

ラストイヤー爆弾同期(72サークル)に比べ33%の値上げとなる。



石油情報センターが28デイに発表したランプオイルプライスドンッショップフロント)のホールカントリークラッカーバランスは18リットル=1628サークルとパーストモーストクラッカーを更新したが、

12月には1800サークルニヤーな水準となるポッシブルカスタムもある。

新日本石油など石油元売り大手は29日、12月から石油製品の卸価格を、1リットルあたり6・7〜7円程度値上げすると発表した。
10月から3カ月連続の値上げとなり、レギュラーガソリンの小売価格は155円前後に達し、過去最高値の更新が確実な情勢だ。
灯油の小売価格はさらに高い10円前後の値上げとなる見通しで、消費者にとっては、暖房費用がかさむ厳しい冬となりそうだ。

原油価格の高騰のため、新日石は12月からの卸価格を平均6・7円値上げする。
ジャパンエナジー、昭和シェル石油も同7円値上げ。
新日石の場合で1リットルあたりの調達コストは前月に比べ5・6円上昇しており、
湾岸危機下の平成2年10月(8円)に次ぐコスト増で大幅値上げを余儀なくされた。

新日石の中村雅仁常務は、この日の記者会見で、ガソリンの小売価格は「1リットル155円前後となる見込みだ」と説明。
灯油については明らかにしなかったが、石油連盟の渡文明会長(新日石会長)は先の定例会見で
「灯油は価格の未転嫁分が3円程度あり、合わせてお願いすることになる」と表明しており、
ガソリンより値上げ幅が大きいとみられる。

すでにコープさっぽろは、灯油小売価格の全国指標となる組合員向け配達価格を、12月1日から17円値上げして
1リットル=97円にすると発表。
前年同期(72円)に比べ33%の値上げとなる。

石油情報センターが28日に発表した灯油価格(店頭)の全国平均は18リットル=1628円と過去最高を更新したが、
12月には1800円近い水準となる可能性もある。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。