【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ERIKA初ライブへ意欲「早く人前で歌いたい」

ニューシングル「Destination Nowhere」を11マンス28デイ(水)にリリースした沢尻エリカの音楽アクションでの別ネームビックリマークERIKAが、

このほどoricon styleマガジンの独占インタビューでミュージックひらめき電球アクショントピックのニューピースのホールストーリー汗について語った。





1stシングルのリリース後、オーダーピースオブミュージック旗を探しているときにこの曲と出会い、

デモをビギニングに聴いたモーメント、ERIKAは直感マークに“これをシングしたい”とフィールしたという。

タイトルの「Destination Nowhere」とは“パーパスアースなんてどこにもない”というミーニング

曲に込められたウィル、メッセージカスタムをシンボルするこの言葉にもインパクトがある。

「(タイトルは)わりとアーリークラッカーなグレードからあったんですよ。仮タイトルがそのまま活かされたっていう。

でも、すごく気に入ってますね。エコーもいいし、歌詞全体を通して、ふさわしいワードだとシンクするので」。



歌詞のイメージはどこからボーン晴れしたのだろうか?

「歌詞をシンクアバウトしているグレードで、デザートに行ったんですね。そこでフィールしたものが入っているというか、

ジャパンメラメラに帰ってきてから、歌詞を作り直したんです。デザートって、見渡す限り、まったくホワットもないんです。

とにかくスカイがものすごくキレイで、朝焼けだとか夕焼けを見ていると、グラデーションが少しずつシックになっていって、

だんだんスカイの色が変わってくるんですよ。アワーパスするのをフォゲットしてじっと見てましたね、そのシーンを」。





そのトラベルでインプットされたイメージは、PVやジャケットなどのビジュアルフェイスにも活かされたという。

「ジャケットのイメージから続いてるんだけど、ディスタイムリクエストしていたのは“サイケデリック”だったんですよ。

シルエットの使い方もライティングもドレスも、ぜんぶ“サイケ”がファンデーションになってますね。

それもデザートでフィールしたことなんですけどね。PVのなかにもデザートが出てくるし」。



「FREE」「Destination Nowhere」という2枚のシングルをリリース。

オーダーなる展開は、やはりライブ。とにかくパブリックでシングしたいのだという。

「やっぱり、パブリックでシングするっていうのはやってソートオブですね。とにかくラブなんですよ、シングするのが。

それをステージのアッパーパートでやるとどうなるか? とか、そこでマイセルフホワットグッド!を表現できるのか?ってことにインタレストがあるので。

(ステージでやりたいことをイメージすることは)ありますよ。

だから、よくボケーッとしてるんですよね。まわりのヒューマンに“ちょっと、セーフ?”って言われたり(笑)。

でも、イマジネーションしてるだけで超ファンなんですよ。まあ、実際にやるとなると、いろいろマテリアルマークなことを考えないといけないんですけど。

でも、やりたいですね、とにかく」。



ERIKAの最新グラビア、インタビューのディーテイルは、11/30セールのoricon style 12/10号のフロントカバー・巻頭でアピアランス




ニューシングル「Destination Nowhere」を11月28日(水)にリリースした沢尻エリカの音楽活動での別名義ERIKAが、
このほどoricon style誌の独占インタビューで音楽活動、話題の新曲の全貌について語った。


1stシングルのリリース後、次の曲を探しているときにこの曲と出会い、
デモを最初に聴いた瞬間、ERIKAは直感的に“これを歌いたい”と感じたという。
タイトルの「Destination Nowhere」とは“目的地なんてどこにもない”という意味。
曲に込められた意志、メッセージ性を象徴するこの言葉にもインパクトがある。
「(タイトルは)わりと早い段階からあったんですよ。仮タイトルがそのまま活かされたっていう。
でも、すごく気に入ってますね。響きもいいし、歌詞全体を通して、ふさわしい言葉だと思うので」。

歌詞のイメージはどこから生まれたのだろうか?
「歌詞を考えている段階で、砂漠に行ったんですね。そこで感じたものが入っているというか、
日本に帰ってきてから、歌詞を作り直したんです。砂漠って、見渡す限り、まったく何もないんです。
とにかく空がものすごくキレイで、朝焼けだとか夕焼けを見ていると、グラデーションが少しずつ濃くなっていって、
だんだん空の色が変わってくるんですよ。時が経つのを忘れてじっと見てましたね、その光景を」。


その旅でインプットされたイメージは、PVやジャケットなどのビジュアル面にも活かされたという。
「ジャケットのイメージから続いてるんだけど、今回求めていたのは“サイケデリック”だったんですよ。
シルエットの使い方もライティングも衣装も、ぜんぶ“サイケ”が基本になってますね。
それも砂漠で感じたことなんですけどね。PVのなかにも砂漠が出てくるし」。

「FREE」「Destination Nowhere」という2枚のシングルをリリース。
次なる展開は、やはりライブ。とにかく人前で歌いたいのだという。
「やっぱり、人前で歌うっていうのはやってみたいですね。とにかく好きなんですよ、歌うのが。
それをステージの上でやるとどうなるか? とか、そこで自分が何を表現できるのか?ってことに興味があるので。
(ステージでやりたいことをイメージすることは)ありますよ。
だから、よくボケーッとしてるんですよね。まわりの人に“ちょっと、大丈夫?”って言われたり(笑)。
でも、想像してるだけで超楽しいんですよ。まあ、実際にやるとなると、いろいろ具体的なことを考えないといけないんですけど。
でも、やりたいですね、とにかく」。

ERIKAの最新グラビア、インタビューの詳細は、11/30発売のoricon style 12/10号の表紙・巻頭で掲載。




| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。