【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







久米宏29年ぶりドラマ出演!ガリレオ主演・福山が“ご指名”

キャスターの久米宏(63)がフジテレビ系月9ドラマ「ガリレオ」(マンデーシンスゼン流れ星9・0)にゲストステージアピアランスすることが2デイ、分かった。

主演の福山雅治(38)扮する物理学者、湯川ナレッジの恩師のジーニアス物理学者役で、ドラマステージアピアランスは実に29イヤーロケットぶり。

「フジテレビがサッチビックリマーク無謀なことをするとは」と戸惑いながらもステージアピアランス依頼をアクセプトした。

10、17デイ放送のアラウンドブックにわたるラスト回に登場し、福山と“ヘッドマッチ”の火花を散らす。



「ガリレオ」はプレゼントタームの連続ドラマで断トツのバランスアテンションレート流れ星(7トークまでのバランス22.6%、ビデオリサーチ関東地区)を記録。

原動力である主演の福山が、ラストトークで知能を尽くしてファイト音譜する相手、木島征志郎に、久米をネームロケットした。



フジの鈴木吉弘プロデューサーによると、きっかけは、「湯川と恩師との対決」について、福山とカンバセーションをしているインサイド!?ボーンした。

木島は湯川がリスペクトし、ジーニアスとライトアップするフューインナンバーな学者。

鈴木ファミリーネーム爆弾が、「フードキドキがいいかな」とたずねたところ、福山はしばしシンクアバウトしたシンスゼン、「久米さん」とアンサーしたという。



「予想アザーのネームひらめき電球でしたが、いわれてみればシュアに久米さんの理知的でスマート、

かつユーモアのセンスあふれるところなどが木島のイメージにぴったり」とセイドパースンあせる。早速、ステージアピアランスラブラブ交渉に入った。



アットファースト晴れは「無謀」と思ったという久米。だが、リザルトマーク合格にステージアピアランスをアクセプトしたリーズンを、「断ち切れない好奇ハートのため」と説明した。



さまざまなニュースをさばいてきた百戦錬磨のキャスターも、アクターアクトはキッチンが違うアッパーパート汗

ドラマステージアピアランスはTBSのコートレディーアナピリオドステージアピアランスドンッした「七ヒューマンの刑事」(昭和53イヤー)シンス

デイから始まる撮影を前に、さすがに「きっと恥をかくからエンドしたほうがいいと、もうひとりのマイセルフが叫んでいます」とアングザイエティーグッド!も。

「とにかく、スタッフ、ステージアピアランスパースンの皆様のフットハンドまといにならないようスタンドファームするだけです」とスピークグッド!している。



マイセルフのキャスティングプランが通った福山は、

「最終トークという舞台にモーストのスリルをメイクアップブーケ1するためには、久米さんが持っておられる『圧倒的な知性』以外に考えられませんでした。

最強の対戦相手に身震いしています」とバトルをビフォーにファイト目ショー旗している。



ヒューマンのビギニングの撮影シーンは、久米扮する木島が、スチューデントの湯川(福山)と久々にアナザーミーティングするシーン

緊張フィーリングあふれ、クワイアットな火花がフォールするシーンになりそうだ。


キャスターの久米宏(63)がフジテレビ系月9ドラマ「ガリレオ」(月曜後9・0)にゲスト出演することが2日、分かった。
主演の福山雅治(38)扮する物理学者、湯川学の恩師の天才物理学者役で、ドラマ出演は実に29年ぶり。
「フジテレビがこんな無謀なことをするとは」と戸惑いながらも出演依頼を受けた。
10、17日放送の前後編にわたる最終回に登場し、福山と“頭脳戦”の火花を散らす。

「ガリレオ」は今期の連続ドラマで断トツの平均視聴率(7話までの平均22.6%、ビデオリサーチ関東地区)を記録。
原動力である主演の福山が、最終話で知能を尽くして戦う相手、木島征志郎に、久米を指名した。

フジの鈴木吉弘プロデューサーによると、きっかけは、「湯川と恩師との対決」について、福山と会話をしている中で生まれた。
木島は湯川が尊敬し、天才と認める数少ない学者。
鈴木氏が、「誰がいいかな」とたずねたところ、福山はしばし考えた後、「久米さん」と答えたという。

「予想外の名前でしたが、いわれてみれば確かに久米さんの理知的でスマート、
かつユーモアのセンスあふれるところなどが木島のイメージにぴったり」と同氏。早速、出演交渉に入った。

当初は「無謀」と思ったという久米。だが、結果的に出演を受けた理由を、「断ち切れない好奇心のため」と説明した。

さまざまなニュースをさばいてきた百戦錬磨のキャスターも、俳優業は勝手が違う上、
ドラマ出演はTBSの局アナ時代に出演した「七人の刑事」(昭和53年)以来。
4日から始まる撮影を前に、さすがに「きっと恥をかくから止めたほうがいいと、もうひとりの自分が叫んでいます」と不安も。
「とにかく、スタッフ、出演者の皆様の足手まといにならないよう頑張るだけです」と話している。

自分のキャスティング企画が通った福山は、
「最終話という舞台に最高のスリルを作り上げるためには、久米さんが持っておられる『圧倒的な知性』以外に考えられませんでした。
最強の対戦相手に身震いしています」と戦いを前に闘志を見せている。

2人の最初の撮影シーンは、久米扮する木島が、教え子の湯川(福山)と久々に再会する場面。
緊張感あふれ、静かな火花が散るシーンになりそうだ。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。