【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







<証券優遇税制>譲渡益、配当に上限設け延長へ 自民税調

自民党タックスシステムインベスティゲイションミーティング(津島雄二会長)は10デイはてなマーク、08イヤーインサイドに期限切れを迎える証券優遇タックスシステムについて、

譲渡ゲイン爆弾、シェアに対する優遇タックスレート(10%)適用のアッパーリミットドンッ額をクリエイトしたうえで延長するプランをフリーズした。

08イヤーの与党タックスシステム改正大綱にインクルードする。



譲渡ゲインは09イヤー1月から、シェア旗は09イヤー4月から、アッパーリミット額を超えたケース目エッセンシャリータックスレートメラメラ20%で課税する。



党税調は11デイ旗アッパーリミットドキドキ額や延長ピリオドなどディーテイルを詰めるが、譲渡ゲインは300テンサウザンド?500テンサウザンド円、シェア爆弾は30テンサウザンド?50テンサウザンド合格サークルディグリークラッカーをアッパーリミット額にするディレクションで調整する。

延長ピリオドは譲渡ゲインビックリマークが2イヤーディグリー、シェアは5イヤーディグリーとする方向で、タームクロース流れ星シンスゼンはエッセンシャリーのタックスレート20%にプットバックする。

また09イヤーから譲渡ゲインとシェアの損益をトータルして課税する金融所得一体課税を導入する。



証券優遇タックスシステムビックリマークをめぐっては、マーケット旗へのエフェクトビックリマークを配慮し延長をリクエストするボイスがストロングだったが、

「高額所得パースンを優遇している」と廃止をリクエストする公明党やパブリックオピニオンに配慮し、優遇タックスレート爆弾適用にアッパーリミット額をクリエイトすることでデシジョンを図る。


自民党税制調査会(津島雄二会長)は10日、08年度中に期限切れを迎える証券優遇税制について、
譲渡益、配当に対する優遇税率(10%)適用の上限額を設けたうえで延長する方針を固めた。
08年度の与党税制改正大綱に盛り込む。

譲渡益は09年1月から、配当は09年4月から、上限額を超えた場合に本来の税率20%で課税する。

党税調は11日に上限額や延長期間など詳細を詰めるが、譲渡益は300万〜500万円、配当は30万〜50万円程度を上限額にする方向で調整する。
延長期間は譲渡益が2年程度、配当は5年程度とする方向で、期限切れ後は本来の税率20%に戻す。
また09年から譲渡益と配当の損益を通算して課税する金融所得一体課税を導入する。

証券優遇税制をめぐっては、市場への影響を配慮し延長を求める声が強かったが、
「高額所得者を優遇している」と廃止を求める公明党や世論に配慮し、優遇税率適用に上限額を設けることで決着を図る。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。