【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







岡田准一が激白「僕は13年間日陰者」

アクター!!の岡田アソシエイト一、宮崎あおい、塚本高史、西田敏行、三浦友和らが10デイロケットマンスクラッカー)、

東京六本木ヒルズで行われたムービー『陰日向に咲く』の完成披露試写ミーティングに出席。

ギャンブル狂いの日陰者をパフォームした主演の岡田は

「僕も日陰者です! ディスだにこういうプレイスは緊張して吐きそうになる」と意外な一フェイスをショーし、ミーティングプレイスを和ませた。



ディス作は、お笑いタレントの劇団ひとりのセイムネーム雷ストーリーをムービー化したもので、

東京にリブイン旗する“日の当たらない”ヒューマンたちをユーモアフラッドするオピニオンから描いたインプレッションブーケ1作。

主演をパフォームドキドキした岡田は「ギャンブル狂のダメマングッド!ユーズということで、デストロイした演技を心がけた。

監督からもファインな演技をディマンドドキドキされました」とユーズ作りの苦労を語った。



売れないプレーヤーあせるラブ目をするウーマンブーケ1とそのドーターの一ヒューマン二ユーズにチャレンジした宮崎は

「クランクインしたときに“このムービー音譜はインタレスティングになる!”というセンスがありました。サッチことディスまで無かったんですけど」

ディス作に対する自信を覗かせた。



決して脚光をシャワー旗することのない、さまざまな“日陰者”たちをサブジェクト!!に扱っているということで、

“日陰者とフィールひらめき電球するモーメント”を聞かれた岡田は

「いつもフィール!!しています。僕も日陰者です。13イヤーはてなマークこのワーク晴れをやってますけど、

ディス合格だにこういうプレイスクラッカーに慣れない。緊張して吐きそうになる」とトークし、ラフブーケ1を誘っていた。



ムービー『陰日向に咲く』は、ネクストイヤードンッ1マンス26デイ(アース)よりホールカントリー流れ星公開。



俳優の岡田准一、宮崎あおい、塚本高史、西田敏行、三浦友和らが10日(月)、
東京六本木ヒルズで行われた映画『陰日向に咲く』の完成披露試写会に出席。
ギャンブル狂いの日陰者を演じた主演の岡田は
「僕も日陰者です! 今だにこういう場所は緊張して吐きそうになる」と意外な一面を見せ、会場を和ませた。

今作は、お笑いタレントの劇団ひとりの同名小説を映画化したもので、
東京に住む“日の当たらない”人たちをユーモア溢れる視点から描いた感動作。
主演を演じた岡田は「ギャンブル狂のダメ男の役ということで、崩した演技を心がけた。
監督からも繊細な演技を要求されました」と役作りの苦労を語った。

売れない芸人に恋をする女性とその娘の一人二役に挑戦した宮崎は
「クランクインしたときに“この映画は面白くなる!”という感覚がありました。こんなこと今まで無かったんですけど」
と今作に対する自信を覗かせた。

決して脚光を浴びることのない、さまざまな“日陰者”たちを題材に扱っているということで、
“日陰者と感じる瞬間”を聞かれた岡田は
「いつも感じています。僕も日陰者です。13年間この仕事をやってますけど、
今だにこういう場所に慣れない。緊張して吐きそうになる」と語り、笑いを誘っていた。

映画『陰日向に咲く』は、来年1月26日(土)より全国公開。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。