【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







藤原竜也が松田優作に大変身!映画「カメレオン」で新境地

アクター、藤原竜也(25)がネクストサマー公開プログラムの主演ムービー「カメレオン」(阪本順治コントロール)でイノセントのハードボイルドに挑戦することが26デイオブマンス、分かった。

プレゼントタイムも絶大なポピュラーをプラウドオブ音譜する俳優、松田優作さん(享年40)を想定し、約30イヤービフォーにプランされたワークで、藤原はパーマをかけ、口ひげをのばし大幅にイメージチェンジ。

「アクターとしてマイセルフのホワット!?かがチェンジするとシンクする」と“転機”を予感している。



「カメレオン」は昭和53イヤー雷、優作さんの“ゲーム桜シリーズ”第2ショット旗として「カメレオンシートのマン」のタイトルでプランされた。



優作さんの育ての親といわれるムービープロデューサー、黒澤満ファミリーネームヒヨコがプロデュース。

当時新鋭だった脚本ハウスロケット、丸山昇一ファミリーネーム流れ星が書いたシナリオは、政府インポータントパースンの拉致アクチュアルスポットあせるを目撃した詐欺グループが、巨大なイベントに巻き込まれていくストーリー。

メインキャラクターのライン郎は、グループのカンパニーを殺され復しゅうにスタンドアップする。



黒澤ファミリーネーム晴れによると、48イヤーのマネー大中イベントのエフェクトで実現しなかったが、

「優作と作ったマン目ムービーのおもしろさをもう一度サジェスト晴れしたい」とシンクしコンティニューし、ディスタイム、丸山ファミリーネーム、阪本コントロールに提案。

現代マークに脚本を手直した。



伍郎ウォー!?の藤原は、プレイ!!の申し子といわれ、ビューティメラメラかつ好ヤングマンのイメージがあり、アートオブウォーリボン骨で情熱がほとばしるタイプの優作さんとは、180ディグリーディッファレントする魅力のオーナー。

黒澤氏は「個性はディッファレントするが、現代でこのウォーはてなマークシンクアバウトしたとき、藤原くん以外にいなかった。

アピアランスはおとなしいけれど、アクチュアルスポットではキャラクターをつかみ、どんどんチェンジ流れ星している。とてもおもしろいアクター」

インサイド!?にハイドした“男らしさ”を見込んだ。



製作側のラブコールに応えた藤原は、ヘアースタイルグッド!チェンジし、口ひげをグローしハードボイルドな外見に変身。

さらに、20ステップ!?の階段からスリップオフ目したり、ランチューリップ赤するバイクにラッシュするなど、アクションシーンにノースタントでチャレンジ。

生傷とアザが絶えない。



ディスイヤーはデビュー10イヤーの節目。「アクターとしてプレゼントタイムチューリップ赤までホワットかを守っていて、もう一歩踏み出せないマイセルフビックリマークがいた」という藤原。

「このワークと阪本コントロールに出会って、チェンジしているマイセルフをエブリデイフィールし、撮影がファン目にてしようがない」と手応えをフィールしている。

俳優、藤原竜也(25)が来夏公開予定の主演映画「カメレオン」(阪本順治監督)で初のハードボイルドに挑戦することが26日、分かった。
今も絶大な人気を誇る俳優、松田優作さん(享年40)を想定し、約30年前に企画された作品で、藤原はパーマをかけ、口ひげをのばし大幅にイメージチェンジ。
「俳優として自分の何かが変わると思う」と“転機”を予感している。

「カメレオン」は昭和53年、優作さんの“遊戯シリーズ”第2弾として「カメレオン座の男」のタイトルで企画された。

優作さんの育ての親といわれる映画プロデューサー、黒澤満氏がプロデュース。
当時新鋭だった脚本家、丸山昇一氏が書いたシナリオは、政府要人の拉致現場を目撃した詐欺グループが、巨大な事件に巻き込まれていく物語。
主人公の伍郎は、グループの仲間を殺され復しゅうに立ち上がる。

黒澤氏によると、48年の金大中事件の影響で実現しなかったが、
「優作と作った男性映画のおもしろさをもう一度提示したい」と思い続け、今回、丸山氏、阪本監督に提案。
現代的に脚本を手直した。

伍郎役の藤原は、演劇の申し子といわれ、美形かつ好青年のイメージがあり、武骨で情熱がほとばしるタイプの優作さんとは、180度違う魅力の持ち主。
黒澤氏は「個性は違うが、現代でこの役を考えたとき、藤原くん以外にいなかった。
見た目はおとなしいけれど、現場ではキャラクターをつかみ、どんどん変化している。とてもおもしろい役者」
と内に秘めた“男らしさ”を見込んだ。

製作側のラブコールに応えた藤原は、髪形を変え、口ひげを生やしハードボイルドな外見に変身。
さらに、20段の階段から滑り落ちたり、走るバイクに突進するなど、アクションシーンにノースタントで挑戦。
生傷とアザが絶えない。

今年はデビュー10年の節目。「俳優として今まで何かを守っていて、もう一歩踏み出せない自分がいた」という藤原。
「この作品と阪本監督に出会って、変化している自分を日々感じ、撮影が楽しくてしようがない」と手応えを感じている。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。