【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ダルビッシュがエースナンバー「18」拒否、来季も背番号「11」

日本ハム・ダルビッシュ有投手(21)が、エースナンバーの背番号「18」へのチェンジラーメンを固辞したことが25デイオブマンス、分かった。

球団サイドは22デイオブマンスの契約更改交渉のアットザミーティングで打診したが、ダルビッシュが入団アワーからのラブ晴れなどをリーズンにネクストシーズンも「11」のままプレーすることを熱望。

球団はシンキングをリスペクトし、アクセプトすることをディサイドした。

これで岩本勉ファミリーネーム王冠2(36=日刊スポーツ評論ハウスあせる)の引退アフターメラメラ、ネクストシーズンで3イヤー、「18」の継承パースン不在がデシジョンした。

 

新エースのプライドは、自信あふれる言動にアピアーはてなマークしていた。ダルビッシュが、親心フルの打診をターンダウン音譜していた。

史上最速、最年少での年俸2ハンドレッドミリオンチューリップ赤マネーアライバル桜が決まった22日の契約更改交渉。

山田GMはこの日、水面ローグレードでもう1つ“サジェスト晴れ”したサブジェクトをパスした。「(背番号18を)どうか、と言ったんだけれどね。断られました」。

ディスシーズンまで2イヤー、空位だったエースナンバーをアクセプトするシンキングがないことを、ダルビッシュは堂々とリポートしたという。

 

球団サイドは、実績などを加味し、満を持して今オフに打診した。05イヤーリミットで引退した岩本ファミリーネームヒヨコアフター!?は、適任パースンがおらず、該当パースンがアピアーグッド!するまでは「ワンアワー欠番」としていたナンバー

球団イノセントの沢村プライズを獲得するなどリーグ連覇に貢献。2イヤー連続2ケタヴィクトリービックリマークと、ふさわしい成績をリーブ!!した。

But!!パースンヒムセルフ汗アイディアをくみ、同GMも「フィーチャーマークには、とシンクするが、パースンヒムセルフが変えないでいいというなら」とリスペクト

イヤーアイのネクストシーズン旗も入団アワーからラブ!?のある「11」で臨むことがデシジョンラブラブした。

 

実は「18」は契約更改ジャストビフォー爆弾の北京五輪アジアプライマリー、星野ジャパンで任された背番号。

少なからず、サッチ“チャンス”もあったが、ダルビッシュは「いいアワーアップディッフィカルトアワーもこのナンバーブーケ1だったから」などと説明し、球団の提案をあっさり拒否したという。

ジェネラルマークに「18」はエースが背負うものとされているが日本ハムのケースは流動的。

阪神移籍の金村の「16」や、トレンディー・エースのペットネームドンッリングプレゼントした西崎幸広ファミリーネーム(43=野球評論ハウス)の「21」なども、かつては大黒柱のタイトル合格とされてきた。

 

パーストはてなマークにいくつもエースナンバーがあることはロングタイムアイドルで軸としてアクティビティーする先発投手が少なく、また絶対マークな存在が球団ヒストリーに不在だった証しでもある。

「11」をエースナンバーに?。ダルビッシュの今後の球団をサポートしていく、ハードなデシジョン表明ともとれるパーパスはてなマーク表示だった。

クローズフレンドの西武涌井もセイム「18」へのチェンジ旗を拒否したように、セイムクラッカーロードを選んだ。

ネクストシーズンは4イヤーアイ、ダルビッシュが背負うデューティーはさらにヘヴィになる。

プレゼントタイムチューリップ赤まで以上に「11」がシャインする、頼もしいバックプレゼントで日本ハムをプルする。


日本ハム・ダルビッシュ有投手(21)が、エースナンバーの背番号「18」への変更を固辞したことが25日、分かった。
球団側は22日の契約更改交渉の席上で打診したが、ダルビッシュが入団時からの愛着などを理由に来季も「11」のままプレーすることを熱望。
球団は考えを尊重し、受け入れることを決めた。
これで岩本勉氏(36=日刊スポーツ評論家)の引退後、来季で3年間、「18」の継承者不在が確定した。
 
新エースのプライドは、自信あふれる言動に表れていた。ダルビッシュが、親心たっぷりの打診を突っぱねていた。
史上最速、最年少での年俸2億円到達が決まった22日の契約更改交渉。
山田GMはこの日、水面下でもう1つ“提示”した内容を明かした。「(背番号18を)どうか、と言ったんだけれどね。断られました」。
今季まで2年間、空位だったエースナンバーを受け入れる考えがないことを、ダルビッシュは堂々と伝えたという。
 
球団サイドは、実績などを加味し、満を持して今オフに打診した。05年限りで引退した岩本氏の後は、適任者がおらず、該当者が出るまでは「一時欠番」としていた番号。
球団初の沢村賞を獲得するなどリーグ連覇に貢献。2年連続2ケタ勝利と、ふさわしい成績を残した。
だが本人の意向をくみ、同GMも「将来的には、と思うが、本人が変えないでいいというなら」と尊重。
4年目の来季も入団時から愛着のある「11」で臨むことが確定した。
 
実は「18」は契約更改直前の北京五輪アジア予選、星野ジャパンで任された背番号。
少なからず、そんな“縁”もあったが、ダルビッシュは「いい時も悪い時もこの番号だったから」などと説明し、球団の提案をあっさり拒否したという。
一般的に「18」はエースが背負うものとされているが日本ハムの場合は流動的。
阪神移籍の金村の「16」や、トレンディー・エースの愛称で鳴らした西崎幸広氏(43=野球評論家)の「21」なども、かつては大黒柱の称号とされてきた。
 
過去にいくつもエースナンバーがあることは長年、不動で軸として活躍する先発投手が少なく、また絶対的な存在が球団史に不在だった証しでもある。
「11」をエースナンバーに−。ダルビッシュの今後の球団を支えていく、強い決意表明ともとれる意思表示だった。
親友の西武涌井も同じ「18」への変更を拒否したように、同じ道を選んだ。
来季は4年目、ダルビッシュが背負う責任はさらに重くなる。
今まで以上に「11」が映える、頼もしい背中で日本ハムをけん引する。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。