【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







2007年間視聴率トップ50 今年最高の瞬間、ミキティ逆転V

アテンションレートビックリマークイヤー汗ファーストプレイスが初めて40%を割った。

NHK「レッドホワイト!!歌合戦」がプログラム!!史上ワースト2プレイスの39・8%にとどまったのにアッドし、

五輪やサッカーW杯、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)といった超大型スポーツイベント開催のバレーのイヤーに当たったからだ。



そのなかで気を吐いたのがフィギュアスケートウーマン

火付けウォーカクテルグラスはもちろんラストイヤー2月のトリノ五輪、荒川静香の「マネー」だが、チャンスよくディスイヤー合格3月、エブリイヤー開催の「ワールド爆弾フィギュアスケートチャンピオンあせる」が東京で開かれ、

フジが独占中継。待ってましたの高アテンション率がジャンプアウト爆弾した。



なにしろ展開が劇的だった。「ショートプログラム」は安藤ビューティ2プレイス、浅田真央はまさかの5プレイス(28・9%)。

ところがネクストデイブーケ1の「フリー」は浅田がワールドドンッ歴代モースト!!得点で1プレイス旗ジャンプした。

しかし、安藤もパーフェクト(かんぺき)な演技をショーし、リザルト雷は安藤「マネー」、浅田「シルバー」で、38・1%をマーク。

安藤のチェンジはてなマーク優勝が決まったシーンは50・8%に達し、紅白の48・8%(SMAPが歌ったシーン)も上回るディスイヤーモーストの“モーメント桜”となった。



日テレ「ラインのできる法律ディスカッションプレイス」にもびっくり。「24タイムテレビ」で70キロマラソンに挑んだ初代司会パースン・萩本欽一さん(66)の武道館ゴールインシーンラーメンを、

プログラムサブジェクトをチェンジカクテルグラスしてエマージェンシー目イノセントはてなマーク中継し、35・3%。「24タイムテレビ」もプログラムエンドジャストビフォー、欽ダディーが目前のゴールを目指すシーンでモーメントブーケ1モースト!?43・9%がアピアービックリマークした。

よくもディッフィカルトにも、テレビマーク…。



民放連続ドラマのトップは、開局55ホールイヤーラブラブのTBSがメンツをかけた山崎豊子原作・木村拓哉主演のサンデーヒヨコシアター「華麗なるファミリー」で、

ラスト回に念願の30%超をマークした。



プレイスもTBSのフライデードラマ「フラワー!!よりヤングマン!!2」ラスト回(27・6%)、3プレイスはてなマークは日テレのウェンズデー10アワー「ハケンの品格」ラスト回(26・0%)。

プレイスはフジのマンス9「ガリレオ」でファーストタイムの24・7%がモーストだった。



スペシャルドラマでは、やはり開局50ホールイヤーのテレ朝がメンツをかけた松本清張原作・ビートたけし主演「スポットビールライン」が2イーブニング流れ星連続で23・8、23・7%。

このドラマはアートカクテルグラスフェスティヴァルビックリマークビッグプライズも受賞し、フィギュア!?クロスオーバーしたサクセスカスタムとなった。



「ニュース」は、台風9ナンバーが関東をダイレクトヒットした9月6、7日のみランクイン。

視聴率の年間首位が初めて40%を割った。
NHK「紅白歌合戦」が番組史上ワースト2位の39・8%にとどまったのに加え、
五輪やサッカーW杯、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)といった超大型スポーツイベント開催の谷間の年に当たったからだ。

そのなかで気を吐いたのがフィギュアスケート女子。
火付け役はもちろん昨年2月のトリノ五輪、荒川静香の「金」だが、折よく今年3月、毎年開催の「世界フィギュアスケート選手権」が東京で開かれ、
フジが独占中継。待ってましたの高視聴率が飛び出した。

なにしろ展開が劇的だった。「ショートプログラム」は安藤美姫2位、浅田真央はまさかの5位(28・9%)。
ところが翌日の「フリー」は浅田が世界歴代最高得点で1位に躍り出た。
しかし、安藤も完璧(かんぺき)な演技を見せ、結果は安藤「金」、浅田「銀」で、38・1%をマーク。
安藤の逆転優勝が決まったシーンは50・8%に達し、紅白の48・8%(SMAPが歌った場面)も上回る今年最高の“瞬間”となった。

日テレ「行列のできる法律相談所」にもびっくり。「24時間テレビ」で70キロマラソンに挑んだ初代司会者・萩本欽一さん(66)の武道館ゴールイン場面を、
番組内容を変えて緊急生中継し、35・3%。「24時間テレビ」も番組終了直前、欽ちゃんが目前のゴールを目指す場面で瞬間最高43・9%が出た。
よくも悪くも、テレビ的…。

民放連続ドラマのトップは、開局55周年のTBSがメンツをかけた山崎豊子原作・木村拓哉主演の日曜劇場「華麗なる一族」で、
最終回に念願の30%超をマークした。

2位もTBSの金曜ドラマ「花より男子2」最終回(27・6%)、3位は日テレの水曜10時「ハケンの品格」最終回(26・0%)。
4位はフジの月9「ガリレオ」で初回の24・7%が最高だった。

スペシャルドラマでは、やはり開局50周年のテレ朝がメンツをかけた松本清張原作・ビートたけし主演「点と線」が2夜連続で23・8、23・7%。
このドラマは芸術祭大賞も受賞し、数字を超えた成功例となった。

「ニュース」は、台風9号が関東を直撃した9月6、7日のみランクイン。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。