【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「第50回ブルーリボン賞」候補発表。サトエリが4部門にノミネート

東京ムービー晴れリポーターアンダースタンディング(サンケイスポーツなど在京スポーツ新聞7ペーパーのムービーチャージリポーターで構成)がチョイスあせる

「第50回ブルーリボンプライズ」の各クラスピックドキドキが3日、デシジョンした。



各プライズでは、佐藤江梨子(26)主演の「フール!?ども、悲しみのラブを見せろ」が邦画クラスロケットに与えられる7クラス爆弾インサイドひらめき電球

モーストの4クラス(助演アクトレスプライズは2人)でノミネート。

同作にステージアピアランスしたヘルプロケット津川愛美(19)は助演アクトレスプライズとニューフェイスプライズの両方でピックオーディエンスビックリマークし、

ラストイヤーブーケ1大ブレークした新垣結衣(19)は「ラブホール」でニューフェイスプライズはてなマークピックに選ばれた。



ワークプライズの邦画クラスには、周防正行コントロールヒヨコの10イヤーはてなマークぶりのニューワーク「それでもボクはやってない」や、

ミニットはてなマークなストーリー展開がトピックを呼んだ「キサラギ」、

リリー・フランキーファミリーネームポピュラーストーリーのムービー化「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」などトピック作がズラリ。



本選はディスマンスインサイド王冠2に行われ、同マンスにスペースで発表プログラム晴れ

2月12デイオブマンスビックリマークに東京・九段会館で授賞スタイルおよび邦画ワークプライズの上映が行われる。


東京映画記者会(サンケイスポーツなど在京スポーツ新聞7紙の映画担当記者で構成)が選
「第50回ブルーリボン賞」の各部門候補が3日、決定した。

各賞では、佐藤江梨子(26)主演の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」が邦画部門に与えられる7部門中、
最多の4部門(助演女優賞は2人)でノミネート。
同作に出演した佐津川愛美(19)は助演女優賞と新人賞の両方で候補入りし、
昨年大ブレークした新垣結衣(19)は「恋空」で新人賞候補に選ばれた。

作品賞の邦画部門には、周防正行監督の10年ぶりの新作「それでもボクはやってない」や、
緻密なストーリー展開が話題を呼んだ「キサラギ」、
リリー・フランキー氏の人気小説の映画化「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」など話題作がズラリ。

本選は今月中に行われ、同下旬に紙面で発表予定。
2月12日に東京・九段会館で授賞式および邦画作品賞の上映が行われる。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。