【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







元日本代表ドラゴン久保、他チームオファーあるのにトライアウト挑戦

昨季リミットドキドキで横浜Cを退団した元ジャパンタイプドラゴン久保ことFW久保竜彦(31)が、

15デイオブマンスに開催されるJリーグ合同トライアウトに参加するディレクションで調整していることが分かった。

Jリーグ関係パースンパス流れ星したもの。福岡からオファーをアクセプト旗するポジションでありながら参加するのは異例だが、他クラブへの移籍も視野に参加をデシジョン旗したパターン。

昨季はフォールトはてなマークに泣かされたが、すでに体調は万全。トライアウトではノーティスドキドキマークビックリマークになりそうだ。



プロがプレーヤーライフ汗をかけてがけっ縁のマッチにチャレンジするステージグーに、インポータントパースンリボンストライカーがアピアランスするポッシブルドキドキカスタムが浮上した。

イヤービフォーまでジャパン汗タイプのエースとまでいわれた久保は、昨季リミットで横浜Cを退団することがデシジョンドキドキ。J2に降格した福岡から熱烈なオファーをアクセプトメラメラした。

しかし、それでいながらトライアウトへの参加をイグザミネーションリボン。移籍フォーマーの選択肢をスプレッドする狙いがあるものと思われる。



昨季は不完全燃焼のイヤーだった。横浜Cのトールツリー琢也元コントロールにハイな評価を受け、ラストイヤー1月に横浜Mからエレクトリックショック旗移籍。

リーグ開幕の浦和ウォービックリマークでは30メートルをクロスオーバーはてなマークするスーパーゴールもディサイドした。しかし、直後の練習インサイド雷に利きフットのレフトフットで地面を蹴ってしまい、足首を負傷。

これがきっかけで、コンディションもノーズダイブした。アフターオール、Jリーグアピアランスは5月6デイオブマンスの神戸ウォーグッド!ラストとなった。



アフターザットオーネスト!!な治療やリハビリをコンティニューし、昨季ファイナルステージにはフォールトもリカバリー。

契約する竹田和正トレーナーは古傷のバックなどに関しても「まったく問題ない」と太鼓判を押す。

ボディーマークな衰えも見えず、フォールトさえなければ、まだまだトップクラスのFWで、パースンヒムセルフもアクティブデューティー続行に強いウィルを見せている。



バッドラックな負傷がコーズで長期間苦しんだが、カレント晴れは国内で調整に励み、新シーズンにプロヴァイドフォープレゼントする。

節制のエブリデイも続いており、あとは新天地をディサイドするだけのコンディションだ。

パーストブーケ1タイプ音譜クラスのプレーヤーがトライアウトに参加したケースはあるが、他チームからオファーがあるプレーヤーでは異例。

久保ほどフォーストピックビックリマーク性をハブボッスする存在も、そうはいない。ドラゴンと呼ばれたマンプレゼントネイチャークラッカーの得点フォースヒヨコもまだまだ健在。

大ベストでそのフォース流れ星プルーフひらめき電球し、オファーを引き寄せる。


昨季限りで横浜Cを退団した元日本代表ドラゴン久保ことFW久保竜彦(31)が、
15日に開催されるJリーグ合同トライアウトに参加する方向で調整していることが分かった。
Jリーグ関係者が明かしたもの。福岡からオファーを受ける立場でありながら参加するのは異例だが、他クラブへの移籍も視野に参加を決断した模様。
昨季は故障に泣かされたが、すでに体調は万全。トライアウトでは注目の的になりそうだ。

プロが選手生命をかけてがけっ縁の勝負に挑む舞台に、大物ストライカーが登場する可能性が浮上した。
2年前まで日本代表のエースとまでいわれた久保は、昨季限りで横浜Cを退団することが決定。J2に降格した福岡から熱烈なオファーを受けた。
しかし、それでいながらトライアウトへの参加を検討。移籍先の選択肢を広げる狙いがあるものと思われる。

昨季は不完全燃焼の年だった。横浜Cの高木琢也元監督に高い評価を受け、昨年1月に横浜Mから電撃移籍。
リーグ開幕の浦和戦では30メートルを超えるスーパーゴールも決めた。しかし、直後の練習中に利き足の左足で地面を蹴ってしまい、足首を負傷。
これがきっかけで、コンディションも急降下した。結局、Jリーグ出場は5月6日の神戸戦が最後となった。

その後、地道な治療やリハビリを続け、昨季終盤には故障も回復。
契約する竹田和正トレーナーは古傷の腰などに関しても「まったく問題ない」と太鼓判を押す。
肉体的な衰えも見えず、故障さえなければ、まだまだトップクラスのFWで、本人も現役続行に強い意欲を見せている。

不運な負傷が原因で長期間苦しんだが、現在は国内で調整に励み、新シーズンに備える。
節制の日々も続いており、あとは新天地を決めるだけの状態だ。
過去に代表クラスの選手がトライアウトに参加したケースはあるが、他チームからオファーがある選手では異例。
久保ほど実力と話題性を兼ね備える存在も、そうはいない。ドラゴンと呼ばれた男の天性の得点力もまだまだ健在。
大一番でその力を証明し、オファーを引き寄せる。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。