【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「つけめんの元祖」池袋大勝軒が復活

“つけめんの元祖”と言われ、ラストイヤー3月に惜しまれつつ閉店したラーメンストアー「東池袋 グレートヴィクトリーカクテルグラスハウス」(東京キャピタル雷豊島区東池袋)が5日、

旧ショップから約100メートルフォーマーに再オープンした。

ホームエリアビックリマークイーチパースン旗アッドメラメラし、ホールカントリーからラントゥ雷したファンで開店ビフォーから長蛇のライン。用意した約400ミールは約6タイムビックリマークで完売した。



オーナーの山岸一雄さん(73)のサウンドチューリップ赤プロブレムと、ストアー王冠1がエリア整理のオブジェクトとなったことをきっかけに閉店していたが、

アフターザット、再開を待ち望むボイスはてなマークフィギュアハンドレッドパッセージリーチし、ヤングパースン爆弾が継承するかたちでラストイヤービックリマークサマーラブラブごろからリザーブを進めていた。

ラストイヤー9月6日には、山岸さんが脳出血でブレイクダウンブーケ1するアクシデントもあったが、ミラクル旗マークに回復。

テイストあせるの監修ウォー」として、この日もストアーフロントに立った。



山岸さんは「40イヤー、50イヤーカクテルグラスとこのテイスト!!プロテクト桜しコンティニューしてほしい」とスピークした。

“つけめんの元祖”と言われ、昨年3月に惜しまれつつ閉店したラーメン店「東池袋 大勝軒」(東京都豊島区東池袋)が5日、
旧店舗から約100メートル先に再オープンした。
地元の人々に加え、全国から駆けつけたファンで開店前から長蛇の列。用意した約400食は約6時間で完売した。

オーナーの山岸一雄さん(73)の健康問題と、店が区画整理の対象となったことをきっかけに閉店していたが、
その後、再開を待ち望む声が数百件届き、弟子が継承するかたちで昨年夏ごろから準備を進めていた。
昨年9月6日には、山岸さんが脳出血で倒れるアクシデントもあったが、奇跡的に回復。
「味の監修役」として、この日も店先に立った。

山岸さんは「40年、50年とこの味を守り続けてほしい」と話した。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。