【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ハニカミ王子石川遼、16歳の決断。今週にもプロ転向

遼くんが、ついにプロになる!ヤングマンゴルフの石川遼(16=東京・杉並学院ナンバー1イヤー)がアーリーならばディスウィーク!?インサイドにもプロシフトすることが6日、クリアーになった。

すでにプロシフトオーディエンスのためのミーティングプレイスリザーブなどを進めており、調整がつきオーダー汗、オフィシャル発表される。

08イヤーのファーストマッチとなる全英オープンオーストラリアプライマリー(2月5デイオブマンス、シドニー)は“プロゴルファー・石川遼”として臨むことになる。



「マイセルフではすぐにでもプロになりたい」。そうスピーク旗していた石川のロングフォーした日が、ついにやってくる。

セベラルラブラブの関係パースンのトークグーを総合すると、石川サイドがディスシーズンはプロとしてツアーに参戦することをディサイドし、すでにプロシフトを発表するためのミーティングプレイスリザーブに入っているという。



12月トップエンドドキドキには石川バイワンセルフ!!が「フィーリング合格は固まってきてます。いつでしょうねえ」とプロシフトビックリマークがニヤーなことをうかがわせるスピーチをしていた。

ラスト調整をフィニッシュグッド!して、アーリーならばディスウィークプレゼントインサイドレイトにてもディスマンスはてなマークインサイドにはプロ宣言することになる。



ラストイヤー5月のマンシングウェアKSBカップで優勝してシンス、石川は常にプロシフトのタイムに悩んできた。

16エイジというエイジ、高校生であるがレイトの学業との両立。なによりもプロでポピュラーユーズするのかというアングザイエティーがあった。



しかし、ツアー8試合にアピアランスして6マッチでプライマリーパッセージスルー。シーズンファイナルステージのビッグトーナメントでもプライマリーを突破し、ラスト戦のジャパンシリーズでは初日にワンアワーファーストプレイスビックリマークにも立った。

アマチュアでなく、プロとしてアクションしていたケース!?イマジネーション獲得プライズピクチャーは2448メニー1375マネーチューリップ赤プライズ爆弾シードのボーダーラインは約1060メニーマネー)。

タイム尚早というボイスをブロゥオフする実績をリーブし、プロとしてやっていく自信をつかんだ。



3月のジュニアのマッチにアピアーしてからという選択肢もあったが、プロになれば、ビロングトゥベルやスポンサー、用具に関する契約を結ぶネセサリー!?も出てくる。

すでに、CMステージアピアランスのオファーもいくつか届いており、それらの撮影などを済ませたオーバー!?で、

開幕ウォーイースト建ホームメイトカップ(4月17デイオブマンス旗開幕、三重・イースト建多度CC名古屋)を万全のコンディションで迎えるために、このタイム目のプロシフトをディサイドした。



ディスイヤーひらめき電球プロになるとしたら何となくアングザイエティーはあるかもしれない。

でも、あまりいいレコードをホープ桜しないで、うまくなることだけをシンクアバウトして取り組んでいけばネクストイヤーはセーフかもしれない」。

ホープとアングザイエティーハーバーロケットしながら、オーダーブーケ1なるステップへ踏みだす。石川の新しいゴルフライフが、もうすぐビギン汗する。


遼くんが、ついにプロになる!男子ゴルフの石川遼(16=東京・杉並学院高1年)が早ければ今週中にもプロ転向することが6日、明らかになった。
すでにプロ転向会見のための会場準備などを進めており、調整がつき次第、正式発表される。
08年の初戦となる全英オープンオーストラリア予選(2月5日、シドニー)は“プロゴルファー・石川遼”として臨むことになる。

「自分ではすぐにでもプロになりたい」。そう話していた石川の待ち焦がれた日が、ついにやってくる。
複数の関係者の話を総合すると、石川サイドが今季はプロとしてツアーに参戦することを決め、すでにプロ転向を発表するための会場準備に入っているという。

12月末には石川自身が「気持ちは固まってきてます。いつでしょうねえ」とプロ転向が近いことをうかがわせる発言をしていた。
最終調整を終えて、早ければ今週中、遅くても今月中にはプロ宣言することになる。

昨年5月のマンシングウェアKSBカップで優勝して以来、石川は常にプロ転向の時期に悩んできた。
16歳という年齢、高校生であるが故の学業との両立。なによりもプロで通用するのかという不安があった。

しかし、ツアー8試合に出場して6試合で予選を通過。シーズン終盤のビッグトーナメントでも予選を突破し、最終戦の日本シリーズでは初日に一時首位にも立った。
アマチュアでなく、プロとして活動していた場合の仮想獲得賞金額は2448万1375円(賞金シードのボーダーラインは約1060万円)。
時期尚早という声を吹き飛ばす実績を残し、プロとしてやっていく自信をつかんだ。

3月のジュニアの試合に出てからという選択肢もあったが、プロになれば、所属やスポンサー、用具に関する契約を結ぶ必要も出てくる。
すでに、CM出演のオファーもいくつか届いており、それらの撮影などを済ませた上で、
開幕戦の東建ホームメイトカップ(4月17日開幕、三重・東建多度CC名古屋)を万全の状態で迎えるために、この時期のプロ転向を決めた。

「今年プロになるとしたら何となく不安はあるかもしれない。
でも、あまりいい成績を期待しないで、うまくなることだけを考えて取り組んでいけば来年は大丈夫かもしれない」。
期待と不安を抱きながら、次なるステップへ踏みだす。石川の新しいゴルフ人生が、もうすぐ始まる。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。