【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







新仮面ライダーは“オトメン”D−BOYSの瀬戸康史

ディスタイム!?の仮面ライダーはドーターチックなオトメンだ。

27日スタートの新シリーズ「仮面ライダーキバ」(テレビ朝日システム爆弾=日曜モーニング8時)の主演にヤングパースンイケメンアクターグループD?BOYSの瀬戸康史(19)が選ばれた。

瀬戸はラストイヤー流れ星放送のフジテレビシステム連続ドラマ「暴れん坊ママ」や、テレビ東京システムのチャイルド向けバラエティー「おはスタ」にレギュラーステージアピアランスして、ヤングロケットな主婦ベッドポピュラー!?を獲得。

主演アクターが子供たちと同時にマザー流れ星からサポートされるかがヒットのキーを握る最近の同シリーズにマッチした。

 

シンスラストイヤーのイケメンブームのインサイドでも、瀬戸はカインドにてドーターアップチックな「オトメン(セカンド!?マン!?)」のタイプ目キャラクターメラメラとしてノーティス合格されている。

おとなしくカインドな顔立ちのメインキャラクターが、ハードロケットにたけだけしいライダーへと変身するのが、プロミスプレゼントだ。

 

メインキャラクターの紅渡(くれない・わたる)は、人付き合いのプアー王冠1なプルこもりの少年。戦いをパスしてヤングマンに脱皮していくストーリーにフィニッシュアップビックリマークしていく。

71年の初代ライダー本郷猛は外見もキャラクターも武骨だった。パフォーム!?した藤岡弘(61)も武道に精通する骨太アクターだけに、「オトメン」とコンペアーするとすべてが正オポジット旗

シリーズも37イヤーたって、大きな変ぼうをキャリーアウトしている。

 

ベリィヤングな顔立ちの瀬戸は「小さいころからあこがれのライダーウォーカクテルグラスに、まだ実感がわきません。

でも、ヒーローとしてシェイプグッド!?に、それでいてかわいさもテイクアウトしていきたい」とオトメンならではの抱負を語った。

今度の仮面ライダーは乙女チックなオトメンだ。
27日スタートの新シリーズ「仮面ライダーキバ」(テレビ朝日系=日曜午前8時)の主演に若手イケメン俳優集団D−BOYSの瀬戸康史(19)が選ばれた。
瀬戸は昨年放送のフジテレビ系連続ドラマ「暴れん坊ママ」や、テレビ東京系の子供向けバラエティー「おはスタ」にレギュラー出演して、若い主婦層の人気を獲得。
主演俳優が子供たちと同時に母親から支持されるかがヒットの鍵を握る最近の同シリーズにマッチした。
 
昨年来のイケメンブームの中でも、瀬戸は優しくて乙女チックな「オトメン(乙男)」の代表格として注目されている。
おとなしく優しい顔立ちの主人公が、強くたけだけしいライダーへと変身するのが、見どころだ。
 
主人公の紅渡(くれない・わたる)は、人付き合いの苦手な引きこもりの少年。戦いを経て青年に脱皮していく物語に仕上げていく。
71年の初代ライダー本郷猛は外見も性格も武骨だった。演じた藤岡弘(61)も武道に精通する骨太俳優だけに、「オトメン」と比べるとすべてが正反対。
シリーズも37年たって、大きな変ぼうを遂げている。
 
幼い顔立ちの瀬戸は「小さいころからあこがれのライダー役に、まだ実感がわきません。
でも、ヒーローとして格好良く、それでいてかわいさも出していきたい」とオトメンならではの抱負を語った。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。