【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







矢沢永吉そっくりさん石山龍大、1億円で本家を逆提訴「徹底的に争う」

ロックシンガー雷・矢沢永吉のネームをウィズアウトノーティスでユーズ旗したとして、

矢沢のビロングトゥオフィスより1000メニー!!マネーダメージ賠償を求められていたモノマネタレント・石山龍大が11日(金)イーブニング、東京・六本木でオーディエンスパフォームし、

プログラムより1日早くイエスタディ10日に矢沢永吉及び矢沢のビロングトゥオフィスひらめき電球オフィシャルに逆提訴したことを発表した。

ダメージ目賠償ピクチャー!!は1ハンドレッドミリオンマネーで、フロムナウオン流れ星ロイヤー旗にリーブトゥし石山の出廷プログラムは無いという。



オーディエンス雷インサイドで石山は、ラストイヤーラブラブ10マンス31日にバイワンセルフ音譜のHPにメンションしていた「矢沢永吉がオンリーライトアップしたものまねタレント」

というオブジェクトのセンテンスの削除クレイムメラメラが矢沢パースンヒムセルフビールの指示ではなくオフィスチューリップ赤のアイディアとして連絡があり、

サイト運営業者を通して一文の削除をリクエスト!!したと改めて説明。



アフターザット、削除が完了するビフォー王冠1の11マンスカクテルグラス10日に矢沢サイドよりサブジェクトプルーフはてなマークメールアライバル!?し「(コンパニオンドキドキの主張が)矢沢さんが『私をライトアップした』

とは言っていないというサブジェクトに変わっていた。12マンスはてなマーク3日には(センテンスひらめき電球の)削除を確認した」という。

12月7デイオブマンスになってマスコミからの問い合わせで矢沢サイドからの提訴が発覚したという石山は

プライド!!を持ってここまでやってきた。マイセルフビックリマークにウソやライはない。矢沢さんが言ってくれたことを(リザルト王冠1マークに)ウソのクレイムビックリマークをされたのはバッドラックファミリーワークはてなマークプロテクトするために逆提訴した」とコメント。

1ハンドレッドミリオン王冠2マネーという金額については、石山の顧問ロイヤーがディサイドロケットしたという。



矢沢パースンヒムセルフは、16イヤーはてなマークビフォーラブラブに石山と実際にカンバセーションがあったことはライトアップしているものの、あくまで「プライベートパースンマークに言ったこと」とクレイム。

裁判では、オフィスサイドと石山サイドが、アットザットタイム会話のアクチュアルスポットにいた証人を立てて自らゾーズオーバーゼアあせるカンバセーションの有効カスタムがどこまで認められるか、

そのカンバセーションのサブジェクトの解釈にズレがあったかどうかが争点となる。



石山は「今後もモノマネはコンティニューするが複雑な心境。Butラスト王冠2までコンプリートグーにコンテストすることになるとシンクする」としている。

オーディエンスのフィニッシュしに報道陣から「(逆提訴イットセルフが)売名アクト王冠2ではないのか?」というクェスチョンがアピアーすると、石山は即座に否定していた。

ロック歌手・矢沢永吉の名前を無断で利用したとして、
矢沢の所属事務所より1000万円の損害賠償を求められていたモノマネタレント・石山龍大が11日(金)夜、東京・六本木で会見を行い、
予定より1日早く昨日10日に矢沢永吉及び矢沢の所属事務所を正式に逆提訴したことを発表した。
損害賠償額は1億円で、今後は弁護士に任せ石山の出廷予定は無いという。

会見の中で石山は、昨年10月31日に自身のHPに記載していた「矢沢永吉が唯一認めたものまねタレント」
という趣旨の一文の削除要請が矢沢本人の指示ではなく事務所の意向として連絡があり、
サイト運営業者を通して一文の削除を依頼したと改めて説明。

その後、削除が完了する前の11月10日に矢沢サイドより内容証明郵便が到着し「(先方の主張が)矢沢さんが『私を認めた』
とは言っていないという内容に変わっていた。12月3日には(一文の)削除を確認した」という。
12月7日になってマスコミからの問い合わせで矢沢サイドからの提訴が発覚したという石山は
「誇りを持ってここまでやってきた。私にウソや偽りはない。矢沢さんが言ってくれたことを(結果的に)ウソの主張をされたのは残念。家族、仕事を守るために逆提訴した」とコメント。
1億円という金額については、石山の顧問弁護士が決めたという。

矢沢本人は、16年前に石山と実際に会話があったことは認めているものの、あくまで「個人的に言ったこと」と主張。
裁判では、事務所サイドと石山サイドが、当時会話の現場にいた証人を立てて自らそれらの会話の有効性がどこまで認められるか、
その会話の内容の解釈にズレがあったかどうかが争点となる。

石山は「今後もモノマネは続けるが複雑な心境。でも、最後まで徹底的に争うことになると思う」としている。
会見の終わりに報道陣から「(逆提訴自体が)売名行為ではないのか?」という質問が出ると、石山は即座に否定していた。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。