【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







NY株急落で 東証の株価 連休明け波乱も

11デイオブマンスのニューヨークマーケット王冠1の株価サドンフォールマネー爆弾マーケットプライス王冠1のサドンプライスジャンプをアクセプトヒヨコして、連休ビギニング15日の東京マーケットへのエフェクト合格ウォーリィされている。

東京株式マーケットの日経バランス株価は前週末、約2イヤー2カ月ぶりのロープライスヒヨコに低迷しており、ペアリボンフォーマーにビジネス合格される14日の米国マーケットの動向オーダーでは、バランス株価が1メニー4000マネーカットひらめき電球しこむ波乱の展開も予想される。



11デイオブマンスのニューヨークマーケットは、サブプライムローンプロブレムラーメンによる米金融メカニズムの損失が拡大し、ワークリカバリーにはタイムがかかるとのウォーリィが再燃。

ダウインダストリー!!シェア30カインドバランスはワンアワー下げ幅が300ドルをクロスオーバーし、デイビフォープロポーション246・79ドルチープの1メニー2606・30ドルでビジネス流れ星をフィニッシュした。

ハイテク株主ボディーのナスダック総合指数も終値は48・58ポイントチープ雷の2439・94。



一方、ニューヨーク・マーカンタイルビジネスプレイス(NYMEX)のマネー音譜先物マーケットプライスはてなマークは、ビジネスのセンターリボンとなる2月渡しがワンアワー1オンス=900・10ドルをつけて史上最ハイプライスヒヨコを更新。

900ドル突破は初めてで、終値も4・10ドルナンバーあせるの897・70ドルで最ハイプライスとなった。



こうしたシェアアップチープメラメラマネーラブラブ高騰は投機キャピタルがフィーチャー!!不透明な株式マーケットはてなマークからエスケープはてなマーク、商品マーケットに流入していることを改めて印象づけた。

東京マーケットはてなマークでも同様のストリームが加速するポッシブルカスタムは高い。

11日のニューヨーク市場の株価急落、金相場の高騰を受けて、連休明け15日の東京市場への影響が懸念されている。
東京株式市場の日経平均株価は前週末、約2年2カ月ぶりの安値に低迷しており、一足先に取引される14日の米国市場の動向次第では、平均株価が1万4000円を割りこむ波乱の展開も予想される。

11日のニューヨーク市場は、サブプライムローン問題による米金融機関の損失が拡大し、業績回復には時間がかかるとの懸念が再燃。
ダウ工業株30種平均は一時下げ幅が300ドルを超え、前日比246・79ドル安の1万2606・30ドルで取引を終えた。
ハイテク株主体のナスダック総合指数も終値は48・58ポイント安の2439・94。

一方、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の金先物相場は、取引の中心となる2月渡しが一時1オンス=900・10ドルをつけて史上最高値を更新。
900ドル突破は初めてで、終値も4・10ドル高の897・70ドルで最高値となった。

こうした株安、金高騰は投機資金が先行き不透明な株式市場から逃避、商品市場に流入していることを改めて印象づけた。
東京市場でも同様の流れが加速する可能性は高い。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。