【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ジェフ千葉にまた激震!羽生はF東京へ、佐藤は京都へ

千葉のジャパンベルタイプベルMF羽生ダイレクトストロング(28)のF東京への完全移籍、MF佐藤勇人キャプテン(25)の京都への完全移籍が13日、ファイナルになった。

大宮からオファーのあったジャパンタイプFWロール誠一郎(27)はステイビハインドする。

このデイオブマンス来日したヨゼップ・クゼ新コントロール!?(55)は、3プレーヤードンッと会談したが、羽生と佐藤の移籍のパーパス旗を覆すことはできなかったようだ。



千葉はMF水野(セルティック)、山岸(川崎)、DF水本(G大阪)らに続くメインフォースの放出。

生え抜きのプレーヤー合格が次々とタイプクラスへとグロー爆弾するインサイド、より良い環境をリクエストエンジニア拡大などをディマンドしたが、カンパニーサイドひらめき電球はポジティブマークラブラブな投資をしなかった。

また、アマル・オシムコントロール!?解任のエッジ、淀川隆博カンパニープレジデントが“脱オシムサッカー”を宣言したこともプレーヤーの不快フィーリング!!グロー!!した。



11デイオブマンスには選手からトラストがカインドな昼田宗昭強化部長の新GM就任が発表されたが、タイプトレーニングキャンプ合格が15日からビギン旗するということもあり、

プレーヤーは新GMのインフォメーションをヒアするビフォーにデシジョンを迫られていた。

オシムサッカーの象徴ともいえる2ヒューマンクラッカーの移籍で、クゼ新オーダーの船出はさらに険しくなりそうだ。

千葉の日本代表MF羽生直剛(28)のF東京への完全移籍、MF佐藤勇人主将(25)の京都への完全移籍が13日、決定的になった。
大宮からオファーのあった日本代表FW巻誠一郎(27)は残留する。
この日来日したヨゼップ・クゼ新監督(55)は、3選手と会談したが、羽生と佐藤の移籍の意思を覆すことはできなかったようだ。

千葉はMF水野(セルティック)、山岸(川崎)、DF水本(G大阪)らに続く主力の放出。
生え抜きの選手が次々と代表クラスへと育つ中、より良い環境を求め施設拡大などを要求したが、会社側は積極的な投資をしなかった。
また、アマル・オシム監督解任の際、淀川隆博社長が“脱オシムサッカー”を宣言したことも選手の不快感を増した。

11日には選手から信頼が厚い昼田宗昭強化部長の新GM就任が発表されたが、代表合宿が15日から始まるということもあり、
選手は新GMの一報を聞く前に決断を迫られていた。
オシムサッカーの象徴ともいえる2人の移籍で、クゼ新体制の船出はさらに険しくなりそうだ。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。