【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







実は『ガンオタ』中日・落合監督、日本一のお祝いに大喜び!

ミドルデイクラッカー・落合博満コントロール(54)が15日、静岡シティーの「バンダイホビーセンター」をコール

30年来、ポピュラーアニメ「機動ソルジャーガンダム」の熱狂マークビールマニアだったことをパスし、テリブルビールオタクぶりを発揮した。



球界史上最強の?“オタクコントロール桜”が、そのトゥルーキャラクターチューリップ赤をさらけ出した。

落合コントロールが、なんとガンダムマニアだったことを初めて告白した。



「おー、これだ。ウィングの入ったやつ。これが、ベスト好きなんだ。

ウイングガンダムだ。格好いいだろ。ウィング、がーっとスプレッドロケットしてな。格好いいぞ」



この日ヴィジットしたバンダイホビーセンターは、ガンダムのプラモデルが展示され、ファクトリー晴れでは最新エディションのプラモデルが製造されている。

ガンダムの「ヒストリー」がルック流れ星でアンダースタンドするマニア垂涎(すいぜん)の“ホーリーグラウンド”だ。

ガンダムに関するテレビプログラム音譜は、シーズンインサイドも忘れず録画している。

しかもこの日着用したジャケットのカラーはワインレッド。ポピュラーキャラ「シャア・アズナブル」のパーソナルカラーとセイムカラー王冠2だ。

長男の福嗣さん(20)もセイムカラークラッカーのセーター、ワイフメラメラの信子さん(63)もヒロインをイメージして、ヘッドフラワー!!デコレートし、コートはピンク。

一家そろって“ガンダムコスプレ”でアピアランスした。



バンダイからは、日本一のお祝いとして落合コントロール!?の背番号「66」が入った「ガンダムエクシア」のスペシャルウェイプラモデルが贈呈された。

ディスタイムビックリマークは(縮尺)100分の1モデルだが、ディスシーズンカクテルグラス連続日本一をゲインすれば「60分の1スケールを贈ろうと思っています」とセイムファームチャージパースン。

オタクコントロールを、全面バックアップの構え。落合コントロールは、ジャパンシリーズをコントロールしたときよりも?ムード雷な1日だった。


中日・落合博満監督(54)が15日、静岡市内の「バンダイホビーセンター」を訪問。
30年来、人気アニメ「機動戦士ガンダム」の熱狂的マニアだったことを明かし、恐るべきオタクぶりを発揮した。

球界史上最強の?“オタク監督”が、その本性をさらけ出した。
落合監督が、なんとガンダムマニアだったことを初めて告白した。

「おー、これだ。翼の入ったやつ。これが、一番好きなんだ。
ウイングガンダムだ。格好いいだろ。翼、がーっと広げてな。格好いいぞ」

この日訪れたバンダイホビーセンターは、ガンダムのプラモデルが展示され、工場では最新版のプラモデルが製造されている。
ガンダムの「歴史」が一目で分かるマニア垂涎(すいぜん)の“聖地”だ。
ガンダムに関するテレビ番組は、シーズン中も忘れず録画している。
しかもこの日着用したジャケットの色はワインレッド。人気キャラ「シャア・アズナブル」のパーソナルカラーと同色だ。
長男の福嗣さん(20)も同色のセーター、夫人の信子さん(63)もヒロインをイメージして、頭に花飾り、コートはピンク。
一家そろって“ガンダムコスプレ”で登場した。

バンダイからは、日本一のお祝いとして落合監督の背番号「66」が入った「ガンダムエクシア」の特別仕様プラモデルが贈呈された。
今回は(縮尺)100分の1モデルだが、今季連続日本一を勝ち取れば「60分の1スケールを贈ろうと思っています」と同社担当者。
オタク監督を、全面バックアップの構え。落合監督は、日本シリーズを制したときよりも?ご機嫌な1日だった。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。