【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「船場吉兆」が民事再生法適用を申請。社長に佐知子女将が就任

ハイクラスレストランの「船場吉兆」(大阪マーケットセントラル区)の食品偽装表示プロブレムで、セイムファームはてなマークは16デイオブマンスモーニング、民事再生アクトの適用を大阪地裁にリクエストした。



負債総額は約8ハンドレッドミリオンマネー爆弾。地裁は保全命令をテイクアウト桜した。



セイムファームはこのデイオブマンス、女将でボードメンバーの湯木佐知子ファミリーネーム(70)がカンパニープレジデントに就任し、その他の湯木ハウスアップオフィサーがホールクルー辞任する新オーダーを発表し、

22日にヘッドオフィスのビジネスを再開するプラン王冠1をクリアーにした。



大阪府庁で16デイオブマンス、リポーターオーディエンスしたセイムファームエージェントの米田秀実ロイヤーらによると、

負債のうち6ハンドレッドミリオンマネーは金融メカニズムからの借り入れで、2ハンドレッドミリオンビールマネーはビジネスフォーマーのデパートなどからダメージ晴れ賠償としてクレイムされている。



ラストイヤーあせる11月の大阪府警の捜索オンアンドアフター、全ショップのビジネスラーメンを自粛しているためキャッシュ収入がなく、経営状況が急速に悪化。

ビジネス再開しても、売り上げリカバリーアップまではタイムがネセサリーで、弁済ピリオドまでに債務をリターンサムすることができないという。


高級料亭の「船場吉兆」(大阪市中央区)の食品偽装表示問題で、同社は16日午前、民事再生法の適用を大阪地裁に申請した。

負債総額は約8億円。地裁は保全命令を出した。

同社はこの日、女将で取締役の湯木佐知子氏(70)が社長に就任し、その他の湯木家の役員が全員辞任する新体制を発表し、
22日に本店の営業を再開する方針を明らかにした。

大阪府庁で16日、記者会見した同社代理人の米田秀実弁護士らによると、
負債のうち6億円は金融機関からの借り入れで、2億円は取引先のデパートなどから損害賠償として請求されている。

昨年11月の大阪府警の捜索以降、全店舗の営業を自粛しているため現金収入がなく、経営状況が急速に悪化。
営業再開しても、売り上げ回復までは時間が必要で、弁済期までに債務を返すことができないという。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。