【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







次世代DVDレコーダー対決、BD陣営シェア96% ソニー・松下が2強

次世代DVDレコーダーはソニーと松下の2強オーダーに─

BCNのインベスティゲイションによると、ラストイヤーロケット10?12マンスプレゼントの次世代DVDレコーダー販売シェアは、

Blu-ray Discキャンプのソニーが6カット、松下電器産業が3カットロケットをアカウントフォーした。



年末商戦ピリオドドンッにはエブリドア供給不足にフォールするほどのポピュラーとなり、量販店からは「モノがあればいくらでも売れた」というボイスもあったといい、

北京五輪をドローイン旗したディスイヤーは当面、オールライトな需要が見込めそうだ。



次世代DVDレコーダーディマンドは、各社がスプレッド桜モデルリボンスロービックリマークした10マンス!?以降に離陸。

レコーダー全体の販売台数のうち、次世代DVDレコーダーは10マンス合格に6.1%、11マンスに21.6%をアカウントフォーするまでに成長。

ただ、12マンスは全体マーク!?シング不足から18.1%にフォール!?した。



金額ベースでは単価がハイな次世代DVDレコーダーのレート汗ビッグドンッになり、11マンスには37.1%と4カットニヤー!?に成長(12マンスは31.4%)。

マーケット全体では金額ベースでラストイヤーブロークンピースが続いていたが、11月オンアンドアフターにプラスにターンする要因になった。



10?12マンス合算のメーカーディッファレンス汗シェアは、ソニー(台数:59.6%、金額:58.1%)、松下(台数:27.0%、金額:31.6%)がほぼダブルスコアのグレートディッファレンスビックリマークでトップ。

これにシャープ(台数:9.6%、金額:7.3%)、HD DVDの東芝(台数:3.8%、金額:3.0%)が続いた。



ホーストコンピューター3カンパニー王冠1はBDキャンプ!!。3カンパニー合計のシェアは台数で96.2%、金額で97.0%となり、

BD vs. HD DVDという構図でウォッチしたケース、BDのコンプリートヴィクトリー流れ星だった。

次世代DVDレコーダーはソニーと松下の2強体制に─
BCNの調査によると、昨年10〜12月の次世代DVDレコーダー販売シェアは、
Blu-ray Disc陣営のソニーが6割、松下電器産業が3割を占めた。

年末商戦期には軒並み供給不足に陥るほどの人気となり、量販店からは「モノがあればいくらでも売れた」という声もあったといい、
北京五輪を控えた今年は当面、順調な需要が見込めそうだ。

次世代DVDレコーダー需要は、各社が普及機種を投入した10月以降に離陸。
レコーダー全体の販売台数のうち、次世代DVDレコーダーは10月に6.1%、11月に21.6%を占めるまでに成長。
ただ、12月は全体的な品不足から18.1%に低下した。

金額ベースでは単価が高い次世代DVDレコーダーの割合が大きくなり、11月には37.1%と4割近くに成長(12月は31.4%)。
市場全体では金額ベースで前年割れが続いていたが、11月以降にプラスに転じる要因になった。

10〜12月合算のメーカー別シェアは、ソニー(台数:59.6%、金額:58.1%)、松下(台数:27.0%、金額:31.6%)がほぼダブルスコアの大差でトップ。
これにシャープ(台数:9.6%、金額:7.3%)、HD DVDの東芝(台数:3.8%、金額:3.0%)が続いた。

上位3社はBD陣営。3社合計のシェアは台数で96.2%、金額で97.0%となり、
BD vs. HD DVDという構図で見た場合、BDの圧勝だった。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。