【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







小池徹平が玉木宏の“勝負弱さ”を暴露

アクター旗の小池徹ブロード汗、玉木宏が2日(アース)、都内で行われたムービー『KIDS』の初日ステージグリーティングに共演の栗山千明、荻島達也コントロールビックリマークと共に登壇。

節分の日をビフォータイニー爆弾まきならぬハートモデルカクテルグラスの“キャンディーまき”が行われイエローチアーが飛び交ったミーティングプレイスベルで、玉木は小池に意外なマッチグッド!ウィークさを暴露された。



アナザーパースンビールのカットをマイセルフのボディーリムーブすることができるアビリティー晴れホールドビックリマークする少年・アサト役をパフォームした小池は

ラストアップトラフィック事故のシーンで、改めてフレンドを大切にしたいとシンクしました」とターンヘッドリボンし、

アサトと出会うことでパーストビックリマークから解放されるタケオウォーの玉木は「いろんな人に繋いでいけるワークになれば」とウィッシュ!?をこめた。



また小池が撮影インサイドカクテルグラスのエピソードを「ジャンケンで勝ったので玉木さんにアイスを買ってもらいました。

玉木さんはジャンケンがウィーク雷なんですよ。100%勝ってます」とコメントし、玉木の意外な(?)マッチビールウィーク爆弾さを明かすシーンアップも。



さらに栗山は「3ヒューマンブーケ1トーク!!するってことはあんまりなくて、マンガのトークを徹ブロードくんと2ヒューマンスピークしてるアワーは玉木くんが聞いてるってフィーリングでした」と振り返ったが、

これについて玉木は「(カンバセーションのサブジェクトクラッカーが)分かんなかったから聞いてないよ」。

すると小池はスマイルで「仲間はずれ?」とさらなるランアフタービックリマークアタックはてなマークしをかけた。

即座に「仲間はずれって言うな」と切り返す玉木は共演パースンにいじられながらも終始笑顔で、

撮影アクチュアルスポットグッド!ムードビックリマークのグッドさをうかがわせていた。



俳優の小池徹平、玉木宏が2日(土)、都内で行われた映画『KIDS』の初日舞台挨拶に共演の栗山千明、荻島達也監督と共に登壇。
節分の日を前に豆まきならぬハート型の“飴まき”が行われ黄色い歓声が飛び交った会場で、玉木は小池に意外な勝負弱さを暴露された。

他人の傷を自分の身体に移すことができる能力を持つ少年・アサト役を演じた小池は
「最後の交通事故のシーンで、改めて友達を大切にしたいと思いました」と振り返り、
アサトと出会うことで過去から解放されるタケオ役の玉木は「いろんな人に繋いでいける作品になれば」と願いをこめた。

また小池が撮影中のエピソードを「ジャンケンで勝ったので玉木さんにアイスを買ってもらいました。
玉木さんはジャンケンが弱いんですよ。100%勝ってます」とコメントし、玉木の意外な(?)勝負弱さを明かす場面も。

さらに栗山は「3人で喋るってことはあんまりなくて、マンガの話を徹平くんと2人で話してる時は玉木くんが聞いてるって感じでした」と振り返ったが、
これについて玉木は「(会話の内容が)分かんなかったから聞いてないよ」。
すると小池は笑顔で「仲間はずれ〜」とさらなる追い討ちをかけた。
即座に「仲間はずれって言うな」と切り返す玉木は共演者にいじられながらも終始笑顔で、
撮影現場の雰囲気の良さをうかがわせていた。






| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。