【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ネット証券大手5社 初の売買代金減 07年 「株頼み」からの転換急務

インターネット証券大手5カンパニークラッカー(イー・トレード・松井・マネックス・楽天・カブドットコム)の2007イヤーの株式トレード総額が、

ネットビジネスがシーリアス化してシンス音譜初めてラストイヤーを下回った。



新興企業向けマーケット目の長引く低迷にアッドし、米国のサブプライム(低所得パースン向けナンバードキドキ金利モデルドンッ)ローンによるマーケットの混乱がダイレクトヒット目した。

収益のポストあせるだったトレードラブラブプライスの減少で、「シェア晴れリクエスト王冠1」の収益コンストラクションからの転換をハリーするネット証券が増えそうだ。



ネット証券大手5カンパニーのラストイヤーの株式トレードプライスはラストイヤー比8・2%減の185サイン旗マネーメラメラ

最大手のSBIイー・トレード証券を除いて4カンパニーがエブリドアドキドキ減少した。減少幅は松井証券が同27・9%と最もビッグビックリマークだった。

株式トレード晴れプライスは、規制緩和で1998イヤー5月に松井が国内で初めてネット証券業に参入してから、上昇基調をコンティニューしてきた。



ネット証券のカスタマーはプライベートパースン流れ星投資ハウスはてなマークジェネラリィ

ラストイヤーはサブプライムローンプロブレム!!をきっかけに株価がビッグに下がったため、

プライベートパースン投資ハウス全体のトレードは同13・7%減の277サインマネー(東証、大証、ネームはてなマークプルーフ、ジャスダックの合計)とスローひらめき電球

株式トレードプライスビックリマークの減少は、プライベートパースン投資ハウスビジネスをホールドオフしたことがエフェクトした。



ディスイヤーも年明けからマーケットプライスはフォール傾向で、プライベートパースン投資ハウスのトレードのリカバリーにはタイムヒヨコがかかりそうだ。



フロントキャッスルゲート5カンパニーの07イヤー4?12月ピリオドバランスシートでは、

投信トラストフォーリンカントリーはてなマークボンドの販売、フォーリンカントリー晴れマネーオーダー証拠マネー(FX)ビジネス!?などシェア旗以外のフィールドを開拓したイー・トレード、松井、カブドットコム証券の3カンパニーがラストビックリマーク増益を確保したが、

イーチカンパニー!?とも株式トレードプライス依存モデルビジネスアップからの転換が急務となっている。


インターネット証券大手5社(イー・トレード・松井・マネックス・楽天・カブドットコム)の2007年の株式売買総額が、
ネット取引が本格化して以来初めて前年を下回った。

新興企業向け市場の長引く低迷に加え、米国のサブプライム(低所得者向け高金利型)ローンによる市場の混乱が直撃した。
収益の柱だった売買代金の減少で、「株頼み」の収益構造からの転換を急ぐネット証券が増えそうだ。

ネット証券大手5社の昨年の株式売買代金は前年比8・2%減の185兆円。
最大手のSBIイー・トレード証券を除いて4社が軒並み減少した。減少幅は松井証券が同27・9%と最も大きかった。
株式売買代金は、規制緩和で1998年5月に松井が国内で初めてネット証券業に参入してから、上昇基調を続けてきた。

ネット証券の顧客は個人投資家が大半。
昨年はサブプライムローン問題をきっかけに株価が大きく下がったため、
個人投資家全体の売買は同13・7%減の277兆円(東証、大証、名証、ジャスダックの合計)と低調。
株式売買代金の減少は、個人投資家が取引を手控えたことが影響した。

今年も年明けから相場は下落傾向で、個人投資家の売買の回復には時間がかかりそうだ。

大手5社の07年4〜12月期決算では、
投信信託や外国債券の販売、外国為替証拠金(FX)取引など株以外の分野を開拓したイー・トレード、松井、カブドットコム証券の3社が最終増益を確保したが、
各社とも株式売買代金依存型事業からの転換が急務となっている。




| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。