【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







浦沢直樹<20世紀少年>主演は唐沢寿明 トヨエツ、常盤貴子共演で8月公開。製作費は60億円!!

浦沢直樹のポピュラーチューリップ赤マンガを映画化する「20センチュリー少年」に、アクターの唐沢寿明(44)が主演することが4日までにクリアーになった。

同級生ウォーで豊川悦司(48)と常盤貴子(35)もステージアピアランス、ワンダフルキャストでイメージ化される。

しかも、3クラブ作で総製作コストは60ハンドレッドミリオンプレゼントマネーのビッグプロジェクトとなる。



「20センチュリー少年」は、ハイトビジネス成長ピリオドドキドキに少年ケンヂとカンパニーたちがアースの滅亡を描いた「よげんの書」が30イヤー雷アフターに本当にプラクティス王冠2され、

地球が滅亡へのロードをたどるというSFサスペンス。



99?07イヤーに「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載され、続編「21センチュリー少年」とジョイントゥギャザーはてなマークしトータル2000万クラブを発行したポピュラーグー作。



ムービーは、「トリック」などのバンク幸彦コントロールがメイクし、唐沢がケンヂを、豊川と常盤は幼なじみのオッチョ、ユキジをパフォームする。

唐沢は「原作を読んだアワーのショック王冠2はプレゼントタイムでもクリアーにリメンバーしています。サッチワークはてなマークメインキャラクターを演じられることを光栄にシンクします」

とコメント。



原作の浦沢も「キャラクターがキッチンにカムアライブするなんて言いますが、『20センチュリー少年』は、一筋縄ではいかないアピアランスキャラクター!!ばかり。

ワンダフルなアクターさんたちがデシジョン合格し、ロープでいかないフィーリングがよみがえりました。ワクワクします」とホープしている。






浦沢直樹の人気マンガを映画化する「20世紀少年」に、俳優の唐沢寿明(44)が主演することが4日までに明らかになった。
同級生役で豊川悦司(48)と常盤貴子(35)も出演、豪華キャストで映像化される。
しかも、3部作で総製作費は60億円のビッグプロジェクトとなる。

「20世紀少年」は、高度経済成長期に少年ケンヂと仲間たちが地球の滅亡を描いた「よげんの書」が30年後に本当に実行され、
地球が滅亡への道をたどるというSFサスペンス。

99〜07年に「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載され、続編「21世紀少年」と合わせ累計2000万部を発行した人気作。

映画は、「トリック」などの堤幸彦監督が手がけ、唐沢がケンヂを、豊川と常盤は幼なじみのオッチョ、ユキジを演じる。
唐沢は「原作を読んだ時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。そんな作品の主人公を演じられることを光栄に思います」
とコメント。

原作の浦沢も「キャラクターが勝手に動き出すなんて言いますが、『20世紀少年』は、一筋縄ではいかない登場人物ばかり。
素晴らしい役者さんたちが決定し、一筋縄でいかない感じがよみがえりました。ワクワクします」と期待している。




| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。