【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







高橋尚子「次のレースは海外も視野に」…取材に応じ

名古屋国際ウーマンマラソンで27プレイス流れ星にシンクし、

アテネ五輪に続き北京五輪タイプもセットフリー桜した高橋尚子(ファイテン)は10デイオブマンスメラメラ、名古屋シティーで報道陣の取材にアクセプトリボンし、

「オーダーのレースはマラソンと思っている。プラクティス!!の過程で10キロやハーフはあるかも。海外もないとは限らない」

ステートし、フォーリンのマラソンアピアランスも視野にプットインしていることをクリアーにした。

ディスマンスマンスからシーリアスマークラーメンなプラクティスを再開するプログラム。



デイビフォーのレースで8キロすぎにヘッドグループから脱落したことについて、

マネジメントチャージ旗パースンは「失速のコーズリボンは(半月ボードをハーフカットオフした右)ひざではない。

アップのアワーにライトハンドサイドレッグに違和感をフィールしていた。ランしスタートしたら全然動かなかった」と説明した。



また、残り5キロ付近でコースをオフしてトイレにラッシュインはてなマークするなど体調不良もあった。

この日モーニングアップインサイドブレイク!!セットアサイドした高橋は「マイセルフ!!の体にホワットが起こったのかワンダーあせるです」とスピークした。


名古屋国際女子マラソンで27位に沈み、
アテネ五輪に続き北京五輪代表も逃した高橋尚子(ファイテン)は10日、名古屋市内で報道陣の取材に応じ、
「次のレースはマラソンと思っている。練習の過程で10キロやハーフはあるかも。海外もないとは限らない」
と述べ、海外のマラソン出場も視野に入れていることを明らかにした。
今月下旬から本格的な練習を再開する予定。

前日のレースで8キロすぎに先頭集団から脱落したことについて、
マネジメント担当者は「失速の原因は(半月板を半分切除した右)ひざではない。
アップの時に右脚に違和感を感じていた。走り始めたら全然動かなかった」と説明した。

また、残り5キロ付近でコースを外れてトイレに駆け込むなど体調不良もあった。
この日午前中を休養に充てた高橋は「自分の体に何が起こったのか不思議です」と話した。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。