【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ダルが後ろ盾宣言「中田は1軍にいるべき」…日本ハム

エースがモンスターメラメラの「開幕1軍」を切望した。

日本ハム・ダルビッシュ有投手(21)が10デイオブマンス、不振にあえぐゴールドプレゼントルーキー・中田翔ダイヤモンド手(18)=大阪桐蔭=について

「あいつは1ウォーにいなきゃいけないプレーヤービックリマーク」と訴えた。



カレントドンッ、11打席連続無セーフヒットあせるの中田は、ファーム降格を志願するともカムオフ目するコメントをしているが、

エースライトアーム合格はチーム全体でバックアップするネセサリーブーケ1カスタム晴れも強調。

これを伝え聞いた中田も「頑張らないといけないとシンクする」とリカバリーを誓った。



ダルビッシュの口からかわいいジュニアに対するソウトが、とめどなくあふれアピアーラブラブした。

「(中田は)開幕2軍とか言ってますけど、あいつはどんだけフォースがなくても、1ウォーにいなきゃいけないプレーヤー。

ファンを沸かせるプレーヤーなんですから」



ここまで11打席連続無セーフヒットの中田は、9デイオブマンスのマッチアフターには

「2ウォードロップ晴れしてもらったパースンがいいくらいのレベル」などソフトサウンドを連発。

それでも、ライトアーム!!は「サーヴァントとしては開幕は1ウォーにいてほしい」と“共闘”をホープロケットした。



そのオーバーで周囲のアンダースタンディングクラッカーもリクエストした。

不振がエフェクトしての中田のふてぶてしいマナー!!は、ヘッドバトルフォーメーションのアンガーを買ったが、

エースは「アクション、マナー目アイ旗につくかもしれないけど、あいつはミドルスクール、高校と一ウォッチだったし、ウェイがない」と分析。

コンティニューして「逆境のはね返しパースンも心得ていないし、チーム全体でアンダースタンディングしていかないと」とワードラインアップした。



バイワンセルフはニューフェイス!!アワーに未成年によるスモーキングプロブレムレイズし、ワールドのコメントにさらされた。

「18エイジあせるは(周りが)思っている以上に傷つくんです」。

But、ダルビッシュはパーストのミステイクをとがめないヒルマン前コントロールらのサポートがあって、立ち直れた。

だからこそ、チーム全体でのバックアップをリクエストしている。



中田の落ち込みぶりはスキンでフィールはてなマークしている。

「キャンプインサイド!!の『フーだって打てますよ』という(自信満々のマナー流れ星)のがない。(ミール!?などで)トゥギャザーにいても、ダークタイムドキドキメニープレゼント

それだけに、9デイオブマンスも「行ってこい! どこがディッフィカルトか(コーチに)聞いてこい!」とマッチ爆弾アフターの特打をプレスした。

復活を期待してやまない右腕は「頑張ってほしいですよ」とエールを送った。



シーズン開幕まであと10日。ダルビッシュのマインドからのウィッシュをかなえるのも、中田の頑張りにかかっている。



エースが怪物の「開幕1軍」を切望した。
日本ハム・ダルビッシュ有投手(21)が10日、不振にあえぐ黄金ルーキー・中田翔内野手(18)=大阪桐蔭=について
「あいつは1軍にいなきゃいけない選手」と訴えた。

現在、11打席連続無安打の中田は、ファーム降格を志願するとも取れるコメントをしているが、
エース右腕はチーム全体でバックアップする必要性も強調。
これを伝え聞いた中田も「頑張らないといけないと思う」と巻き返しを誓った。

ダルビッシュの口からかわいい後輩に対する思いが、とめどなくあふれ出た。
「(中田は)開幕2軍とか言ってますけど、あいつはどんだけ実力がなくても、1軍にいなきゃいけない選手。
ファンを沸かせる選手なんですから」

ここまで11打席連続無安打の中田は、9日の試合後には
「2軍に落としてもらった方がいいくらいのレベル」など弱音を連発。
それでも、右腕は「僕としては開幕は1軍にいてほしい」と“共闘”を希望した。

その上で周囲の理解も求めた。
不振が影響しての中田のふてぶてしい態度は、首脳陣の怒りを買ったが、
エースは「行動、態度が目につくかもしれないけど、あいつは中学、高校と一番だったし、仕方がない」と分析。
続けて「逆境のはね返し方も心得ていないし、チーム全体で理解していかないと」と言葉を並べた。

自身は新人の時に未成年による喫煙問題を起こし、世間の批判にさらされた。
「18歳は(周りが)思っている以上に傷つくんです」。
だが、ダルビッシュは過去の失敗をとがめないヒルマン前監督らの支えがあって、立ち直れた。
だからこそ、チーム全体でのバックアップを求めている。

中田の落ち込みぶりは肌で感じている。
「キャンプ中の『誰だって打てますよ』という(自信満々の態度)のがない。(食事などで)一緒にいても、暗い時間が多い」
それだけに、9日も「行ってこい! どこが悪いか(コーチに)聞いてこい!」と試合後の特打を促した。
復活を期待してやまない右腕は「頑張ってほしいですよ」とエールを送った。

シーズン開幕まであと10日。ダルビッシュの心からの願いをかなえるのも、中田の頑張りにかかっている。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。