【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







朝青龍 腰骨折なのに元気にサッカー

横綱・朝青龍に“仮病ダウト”が浮上した。名古屋プレイスで優勝した朝青龍はプレイス中に腰のペインを訴え、

25日に師匠の高砂親方(元大関・朝潮)が「腰の疲労骨折とひじ痛」の診断書を相撲アソシエイションに提出。

診断書を受け取った大島巡業部長(元大関・旭国)は報道陣にコンプリートリカバリー6ウィークと説明し、

8月3日からビギンする夏巡業の休場をライトアップしていた。



ところが、朝青龍は既にモンゴルに帰国。

関係者によると、母国に向かう飛行機内でサッカー元ジャパンタイプの中田英寿さんの関係者と遭遇。

中田さんがモンゴルサッカー協会のクレイムで、アクチュアルプレイスのチャイルドたちをコールすることをノウし、

25日に開催されたイベントに参加。

ショートパンツ姿でヘルスに動き回っていたパターンが、セイムデイアフターヌーンのフジテレビ「スーパーニュース」で報じられた。



腰のペインをプッシュして名古屋プレイスをコントロールしたとはいえ、

疲労骨折のコンディションで体をムーブするのはコモンではないこと。

しかも、それを理由にアソシエイションの公式イベントの巡業を休場することになっただけに、

ディスタイムのアクションがプロブレムとなるのはミステイクない。



この日の理事会でも朝青龍の巡業の休場について異議をコールアポンする声が数多く出たという。

お騒がせ横綱のアクションが、またしても波紋を呼ぶことになりそうだ。





原文を読む


ガッキー歌手デビュー「気持ちで歌う」

人気沸騰中のアクトレス新垣結衣(19)が歌手デビューする。

バース日の6月11日付でワーナーミュージックと契約。

初主演ムービー「ラブするマドリ」(来月18日公開)で主題歌「メモリーズ」、

第2弾の主演作「恋空」(11月3日公開)では挿入歌「heavenly days」を歌唱。

CDデビューはアーリーならば年末になる。



「エブリデイのようにカラオケに行く」(関係者)ほどの歌ラブ

ホームタウン・沖縄が生んだ安室奈美恵(29)やSPEEDの曲はもちろん、

洋楽からインディーズバンド、セイムネームのYUIの歌まで、ワイドなジャンルを聴いている。

ピープル楽器の三線(さんしん)も持っており、フロムナウオンは作詞にもチャレンジするアイディアだ。



レコーディングをフィニッシュし「スモールなころからインタレストがあったことなのでうれしい半面、

マイセルフのソング力に自信がなかった上、レッスンも十分にできる状況ではなかったので、

アングザイエティーでいっぱいでした」と本音をスピークアウト



ワークでの新展開に「いまはアートよりフィーリングでシングすることをインポータントにしています。

これまでにない私を見せられれば」とスピークしている。


原文を読む

三越と伊勢丹、資本提携で交渉=関係筋

三越<2779.T>と伊勢丹<8238.T>が資本提携で交渉に入っていることが分かった。

関係筋が25日、クリアーにした。

  

関係筋によると、両社は経営統合も視野にプットインしており、

統合が実現すれば売上高約1兆6000億円のインダストリーファーストプレイスグループになる。

 

関係筋によると、三越はワークが低迷しており、競合アナザーカンパニーとの提携を模索。

ビジネスファンデーションやカスタマー層が異なるため、シナジーを発揮しやすいとみて伊勢丹と提携するディレクションに傾いたという。





原文を読む

野村HDが損失726億円、米住宅ローン絡みで

証券最大手の野村ホールディングスは25日、米国での住宅ローンクレイムを担保にした証券ビジネスで、

1月から6月までのハーフイヤー間に726億円の損失を出したと発表した。



ジェネラリィが低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」に絡む損失で、

野村は住宅ローン関連ビジネスからの撤退など、米国での大幅なビジネス見直しをイグザミネーションする。



ジャパンの金融機関が同ローンの焦げインプレッションでの損失額を公表したのは初めてだ。



野村は、米国で住宅ローンカンパニーからローンクレイムをバイし、投資商品に組み替えて機関投資家に販売している。

05年8月からサブプライムローン関連商品をメイクしていた。



ラストイヤーからサブプライムローンにバーンしインプレッションが大量発生し、バリューがフォールしたため、大幅な評価損とセール損を計上した。

1?3月期に414億円、4?6月期に312億円の損失を計上した。



ただ、4?6月期決算では、

投資トラストビジネスの好調などで税引き後インタレストは前年セイムピリオドの3・8倍の767億円とし大幅な増益だった。






原文を読む

柏崎原発、放射能漏出の恐れ13件も…5件は詳細不明

新潟県中越沖地震でダメージをアクセプトした東京電力の柏崎刈羽原子力発電所で、

放射性マテリアルの放出につながりかねないトラブルが、実際の漏出2件のほかに13件あり、

そのうち5件では詳細が依然としてつかめていないことが25日、東電のまとめでわかった。



13件のうち、排気ダクトのずれや消火配管のダメージによる水の大量フローしなど6件は、

セイムデイカレント、復旧ワークにテイクしかかれていない。



原子炉建屋内などのエアを吸い出して主排気筒に接続するダクトのずれが五つの建屋で見つかった。

アクチュアルワーク中にダメージをアクセプトすれば、放射能を帯びたガスの漏出がウォーリィされるパートだが、

ブロードビューにあるため余震発生のデンジャーから足場を組んでダイレクト点検ができず、

ディスタイムの地震による放射能の有無などフルな状況は確認できていない。




原文を読む

辻&太陽が軽井沢で挙式!杉浦弟・太雄もギター弾きお祝い

ラストマンス、“できちゃった婚”した元モーニング娘。の辻希美(20)とアクター、杉浦サン(26)がラッキーデイの19日、

長野・軽井沢のチャーチで挙式し、ニヤーのホテルで披露宴を開いていたことが24日、分かった。



2人をノウする関係者によると、両家の近親者やフレンドのみが出席。

サンの弟でアクター、杉浦太雄(24)がバンドカンパニーを引き連れ、ギターをプレイしながらお祝いソングをシングするなど、

宴は大いに盛り上がったという。



妊娠4カ月の辻は、大きなお腹がハイドするふんわりとしたウエディングドレスに身を包み、大インプレッションしていた。



2人は、辻が20歳のバース日を迎えたビギニングの大安の6月21日に入籍していた。

辻はネクストイヤー1月にバースプログラム。

原文を読む

フジ本田朋子アナが浦和MF長谷部と熱愛

フジテレビのスポーツプログラム「すぽると!」でキャスターをチャージする本田朋子アナウンサー(23)が、サッカー元ジャパンタイプでJ1浦和MF長谷部誠(23)とカンパニーしていることが24日、分かった。

「ミス立教」の本田が立大ピリオドからの知り合いで、1年前から本格的なカンパニーをスタートした。

都内のリラクセーション・エステ施設をそろってユーズしたり、外食する姿などが目撃されている。

 

本田アナは02年に「ミス立教」にシャインし、フォローイングイヤー3月から女子大生リポーターとして同局のスポーツプログラム

「すぽると!」のアシスタントキャスターに就いた。

長谷部とはアットザットタイムの取材で知り合った。

グループカンパニーからビギンし、同年齢ということで話がスプリングし、カンパニーに発展した。

同局関係者によると「長谷部選手もイケメンなのでお似合いカップル。

本田アナもクローズな人にはカンパニーファクトを隠さずに打ち明けている」とスピークする。

ディスイヤー5月末に長谷部のセリエAシエナへの移籍が浮上した際も、ディスカッションに乗っていたようだ。

 

手をつなぎ恵比寿近辺や芸能人御用達のリラクセーション・エステ施設に来店するなど、

都内でデートするステートがセベラル目撃されている。

同関係者は「イーチアザービジーな合間を縫って会っているようです」と説明した。

 

本田アナは06年10月から「すぽると!」の週末キャスターをチャージ。

スチューデントピリオドからのエクスペリエンスもあり、“ポスト・ウッチー(内田恭子アナ)”として、ホープされている。

この日も同局が11月に独占放送する「W杯バレーボール2007」のPRイベントに、平井理央アナ(24)とともに出席した。

 

ノーティス選手にはヤングマンジャパンタイプアタッカー石島雄介(23)を挙げ

「『汗はマイセルフを裏切らない』の座右の銘を聞いてヘルプするようになりました」と説明した。

プロオーディエンスまでは無名ながら、人一倍のプラクティスを積んでラストイヤー、日本タイプをエクスペリエンスした長谷部の姿がダブったのかもしれない。

 

そろって成長株ということもあり、カンパニーを温めコンティニューしているグレードだが、

プロ野球選手だけでなくJリーガーと女性アナウンサーがゴールした例もあり、フロムナウオンがノーティスされる。






原文を読む

沢尻「夏休みないとやってらんない」

アクトレス・沢尻エリカ(21)が24日、東京・渋谷のスペイン坂スタジオで行われた

TOKYO FM「ワンダフル・ワールド」(月?木、後5・00)の公開生放送にステージアピアランスした。

 

沢尻は「サマーバケーションないとやってらぁんない!みんな休まないと」と放送でも“エリカさま”ぶりを随所に発揮。

ガラスアクロスにファンに手を振るなどムードだった。

 

プログラムでは「フランスの中にある和を表現したかった」とバイワンセルフのルーツ(日仏のハーフ)にからめて

セルフプロデュース写真集「ERIKA2007」(8月29日セール)もしっかりとPRしていた。

原文を読む

工藤“唯我独損”…「200勝」に中継ぎ陣オドオド

24日、セカンドハーフ戦の“開幕投手”を任された横浜・工藤がエージェンシーの崩れにハラハラさせられながらもディスシーズン3勝目をあげた。

それにしても、なぜ工藤の登板時には決まってリリーフ陣が打ち込まれるのだろう。



インタビュアーから「ビューティフルなヴィクトリーでした」とマイクを向けられ、44歳のベテランは思わず首をひねった。

「ここ最近ではペアバッドだった。ホント、よくなかったんですよ。

ヒヤヒヤだった」というバイワンセルフの投球サブジェクトはともかく、モーメントは1点差に迫られ、シンアイスをステップオンするソウト。

とても「ビューティフルヴィクトリー」とはいえなかった。



3点のリードをもらって8回に登板した4カウントの那須野が李、阿部に連続被弾。

大矢監督は「ベアーアップし過ぎかなぁ。トゥモローまたリターンギフトしてくれればいい」としつつも、

左腕セットアッパーがこのキーでは、先々の見通しはダーク



シンクすれば工藤が登板したラストタイムジャイアント戦でも、1点リードの展開からリリーフ4人が5点を献上し、

工藤のヴィクトリーを消してしまった。



どうして、このような「工藤現象」が起きてしまうのか。

コーチの1人は「200勝を達成した投手をリリーフするなんて、ウチの投手にはエクスペリエンスなかったしな。

『工藤さんのウィンを消したらどうしよう』というソウトがストロングすぎるのだろう」と指摘。

なるほど、マウンド上の那須野にいつもの威圧感はなく、どこかオドオドしているようにしか見えなかった。



「ジャイアントの上原ソートオブな唯我独尊タイプがリリーフ、特にウェイトにはもってこい。

誰のウィンを消そうが気にせずケロッとしていられるキャラクターだから、原さんはストッパー上原にこだわってきたんだろ? 

那須野あたりにも、ああいうずぶとさがあればいいのだが…」(同)



工藤にとってのジャイアント戦初ヴィクトリーは、ディスシーズン3勝目。

果たしてネクストタイムの登板でスンナリ4勝目をあげ、勝ち星を積み重ねていけるのか。

リリーフ陣がこのステートでは、少々アングザイエティーだ。




原文を読む

俊輔が打倒サウジへ「必勝5カ条」ぶち上げ!攻める!攻める!

ジャパンタイプアジア杯合宿(24日、ハノイ)ジャパン代表MF中村俊輔(29)=セルティック=は24日、

オシム監督とともに25日の準決勝・サウジアラビア戦(ハノイ、ジャパンタイム午後10時20分キックオフ)にポイントしたオフィシャルオーディエンスに出席。

「準決勝はペアディッフィカルト」と3連覇にポイントした“マキシマムの関門”との位置づけをショーした。

その難関越えへ、胸にあるのはサウジ撃破への俊輔流『必勝5カ条』だ。



いつもよりメニーなフラッシュ。普段ならオシム監督に集中するクェスチョンも、フォーリンカントリー人リポーターを中心にコマンド官を上回った。

オフィシャルオーディエンスに初登場した俊輔は高いノーティス度、ホープの中、クールな表情で言い切った。



「準決勝はペアディッフィカルトとシンクする。ルーズすれば3位デシジョン戦だし、5マッチ目でチームとして多少疲労もたまってる。

タフなマッチになるのはミステイクない。アート的な面もインポータントだけど、ホットしタフなメンタルが(勝敗に)かかわってくると思う」。

最終マークは豪州撃破ではなく3連覇。オシム・ジャパンの中心としてスタイルさえフロートする男が、最大の難関にサウジ戦をプレイスした。



オーディエンスでは当然、マテリアル的な作戦にはリファレンスしなかった。

しかし、分析ビデオやこの日、田嶋幸三スペシャルデューティー理事が持参したジャパンのテレビ放送のイメージなどでスタディー。

『必勝5カ条』をひそかにワークアウトしていた。



(1)逆サイドへのセンタリング 一方のサイドに偏りやすいサウジディフェンス陣。

「ファーサイドとか結構、見てない」と逆サイドへのクロスが有効になるとパスする。



(2)ロングシュートの活用 カウンターアタックを狙ってゴール前をフリーズしてくる相手。

「(相手)GKはパンチがメニーから、まずは枠を狙う」。



(3)集中力 スピードある相手には、モーメントの油断が致命傷になる。それはファーストマッチのカタール戦でもエクスペリエンスした。

「今まで見てても絶対、ラストまでスピードとメンタルが残っている人たち」とスピークする。



(4)“カハタニ・コンビ”警戒 屈強な豪州FWに対し、サウジの武器はY・カハタニ、A・カハタニのクイックさ。

「FWは豪州とまったく逆。2人でゴールまでグッドアットするアビリティーがある。タテにいかれるとシンプルにやられる」。



(5)FKから活路 00年アジア杯決勝ではサウジ相手にFKで決勝アシストを決めた。

「そろそろセットプレーでチームをラクにしたい」。


原文を読む

松坂提言「日米とも誤審に罰金を」

レッドソックス松坂大輔投手(26)が、審判の誤審についてファインシステム導入をインクルードした「プロブレム提起」を行った。

キッカケは20日(同21日)のホワイトソックス戦だった。



1回裏2死一、セカンドベース。レ軍ドルーの放った打球は、レフトウィングビハインドのグリーンモンスタートップパートのレッドな線を越え、

オーディエンス席に当たってグラウンド内へ跳ね返った。これを審判団はインプレーと判断し、レ軍のアタックは1点で終わった。

しかも、猛抗議したフランコナ監督は暴言を吐いたとしてイグジット

マッチに勝ったものの、ルーズしていれば後を引きそうなマッチ展開だった。

 

アフターオール、マッチ後には審判団が「誤審」をライトアップする声明を発表。

それでも、幻の3ランはゴーアウトしたままだった。

「あれはホームランだったんですよね。審判の人もライトアップしたんですか?」。

打ったパースンヒムセルフでなくても、松坂の心に誤審のメニーな審判への不信感が芽生えてもワンダーではない。

ジャパンでもいえることですけど、審判の人はそういうのがあっても何も(ペナルティーが)ない。

選手だけ罰金とか退場とかある。だから審判はすぐにイグジットって言うんでしょうね。

審判もファインとかあればいいんですけどね。日米オブコースに言えることですけど」。

 

松坂バイワンセルフも、ここまで11勝を挙げながらも、

ユニフォームしないストライクゾーンのデシジョンには悩まされてきた。

真剣マッチの舞台でリブするからこその、審判団への厳しいワードだった。



原文を読む

千原ジュニア、交際報道は“ウソ”です!

アクトレス・内田有紀とのカンパニーが報じられているお笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアが、

7月24日(火)に都内でレギュラーを務めるテレビ東京系

『やりすぎコージー ウソかホントかわからない プレーヤータウン伝説』(8月17日(金)よる9時放送)のリポーターオーディエンスに出席した。



レイトアットナイト枠で放送されている同プログラムの人気プランを引っさげて、初のゴールデンタイムでの放送。

共演する今田耕司が「(タウン伝説とは)ヒューマンフェイス犬とか、千原ジュニア君の熱愛話とかですね!」

とジュニアをイジり、さらに下ネタトークのメニーなケンドーコバヤシのネタもコモンどおり披露されることが発表されると

「風俗面でもいいので、ビッグに載せて欲しい!」とインポッシブルディッフィカルトプロブレムを要求。

かつて、3度目のレコーディング後「もう、ないやろう?」と見切りをつけていたが「はしゃぎ過ぎずやりたい!」

と意気込みを語った。



また、熱愛アバウトのクェスチョンが出ると「また(オーディエンスが)終わってしまうで!」と兄のせいじが突っ込み、

今田も「タウン伝説は追及すると夢がない」と擁護したが、

ジュニアはあっさり「ウソです!」とポツリ。そのまま、オーディエンスはエンドした。



原文を読む

負債総額3億4000万円…「女子十二楽坊」仕掛人自己破産へ

中国ビューティフルウーマンをコレクトした民族楽器ユニット「ウーマン十二楽坊」をジャパンで大ブレークさせたレコードカンパニーが、

ワンセルフ破産プロセスを進めていることが24日までに分かった。



このカンパニーは、ミューチャー・コミュニケーションズ(ヘッドオフィス・東京都、塔本一馬カンパニープレジデント)で、

関係者によると、負債総額は約3億4000万円。

すでに、ビロングトゥアーティストなどの契約先に、ロイヤー名で、資金繰りがつかないため、

コートに対しワンセルフ破産プロセスのリザーブ中であることをノーティスしている。



優秀なスタッフの流出や、過剰な宣伝費の投入などで、ラストイヤー12月ごろから経営コンディションが悪化していた。

アーティストトレーニングのサポートなどでセイムファームキャピタルサポートしていたプロダクションもあり、音楽インダストリーにアングザイエティーが広がっている。



2003年3月に、社員数わずか14人でセイムファームを立ちギブした塔本氏は、

これまでにCBS・ソニー、ポニーキャニオン、ワーナー・ミュージックなど大手レコードカンパニーで、

「おニャン子クラブ」やエンヤを大ヒットさせてきたフェイマスプロダクト宣伝マンとして知られる。



ザットイヤー、ビギニングにメイクした「ウーマン十二楽坊」は、中国では、ブレークの兆しをショーしていたとはいえ、

日本では、まったく無名。



にもかかわらず、ファーストタイムのアルバム出荷枚数をいきなり3万枚に設定するストロングの戦略で、

大手レコード店からは、「インダストリーのコモンセンスの10倍だ。そんなに売れるのか」とサプライズをもって迎えられた。



しかし、大量のテレビCMやプログラムタイアップに約2億円の宣伝費を投入したことで、

“中国版モーニング娘。”としてセールにサクセスし、約200万枚を売り上げるミラクル的なヒットにつながった。



“癒やし系ミュージック”の火付け役でもあった「女子十二楽坊」は、NHKレッドアンドホワイト歌合戦アピアランスを果たし、

04年には武道館公演をサクセスさせている。



また、タイや韓国のサインオブライフシンガーのジャパンプロデュース、

“大沢ボス”の孫でアイドルの大沢あかね(21)のCDセールなどもメイクしていた。



なお、中国カントリープロパーでは、「女子十二楽坊」はアクティブに芸能アクションをコンティニューしている。



原文を読む

ビクターがケンウッドとの資本提携発表 経営統合交渉へ

経営再建中の日本ビクターは24日、

中堅サウンド機器メーカー、ケンウッドやケンウッド筆頭株主の投資ファンド、

スパークス・グループなどによる約350億円のサードパースン割当増資をアクセプトすることで合意、

ケンウッドと経営統合のイグザミネーションに入ったと発表した。



今後はペアレントカンパニーである松下電器産業もインクルードしてマテリアル策を詰める。

 

ビクターとケンウッドはスタディー開発やマテリアル調達のフィールドで協業を進めるホープ。

ビクターは2007年3月期まで3年連続でラスト赤字を計上したことをアクセプトし、

ビジネスの選択と集中についてカンファレンスすると見られる。



原文を読む

アヤックスが小野獲得を狙う ダービッツ負傷で

オランダのホールカントリー紙『デ・テレフラーフ』(7月24日デイト)によれば、

アヤックスは小野伸二(浦和)のタームインプレッション移籍での獲得を狙っているという。

 

アヤックスは21日のフレンドシップマッチゴーアヘッド・イーグルス戦で、ダービッツが頚骨(けいこつ)を骨折。

3カ月ピッチに立てなくなってしまった。



そのためダービッツはディスシーズンアヤックスがインポータンスしているチャンピオンズリーグ(CL)リザーブ戦、

CLグループリーグ序盤戦(リザーブ戦突破のケース)、オランダリーグファーストハーフ戦にアピアランスできない。

アヤックスはMFに至急ダービッツの代わりとなる人材を補強しなければならない。

原文を読む

トヨタ 「安全性」さらに強化 サイドエアバッグ、全車に標準装備

トヨタ自動車の渡辺捷昭(かつあき)カンパニープレジデントは23日、東京都セントラル区のロイヤルパークホテルでリポーターオーディエンスし、

サイドコンフリクトアクシデントによるクルーへのショックを緩和する前席サイドエアバッグと、カーテンシールドエアバッグを、

ディスマンスセールするニュースタイル車「イスト」以降全車にスタンダード装備すると発表した。



サイドエアバッグは、シートに内蔵されたエアバッグがコンフリクト時にモーメントに開き、クルーのチェストへのショックを緩和する。

一方、カーテンシールドエアバッグは、フロントガラスと前席ドアガラスの間の支柱からシーリング脇パートに格納されているエアバッグが、

コンフリクト時に窓ガラスをカバーするようにカーテン状にオープンし、ガラスや車外のテレフォンポールなどによるヘッドへのショックを和らげる。



サイドエアバッグは1996年にセールした「セルシオ」に初ユーズ

カーテンエアバッグについては98年セールの「プログレ」にワールドで初めてユーズした。

アフターザット、順次各カーメイクに設定を拡大していた。



これまで両エアバッグはオプション装備とし合計で6万?8万円程度だったが、

スタンダード装備後の車両プライスについて渡辺カンパニープレジデントは、「コストパフォーマンスを極めていいものにしたい」とステートし、

ほぼ値上げはないという見通しをショーしている。



米国のインベスティゲイションでは、両エアバッグを装備したケース、サイドコンフリクト時の死者が37%減少するとしている。

欧州車などではスタンダード装備するケースも増えている。





原文を読む

TV、8割が液晶に プラズマは減速 上期の国内出荷

電子情報アートインダストリー協会(JEITA)が23日発表した2007年上期(1?6月)の民生用電子機器国内出荷実績によると、

液晶テレビはラストイヤーセイムピリオド比30・4%増の308万台となり、テレビ全体の約8割を占めたことが分かった。

プラズマテレビのプライドとする大シーンで出荷をストレッチし、テレビマーケットの“主役”にジャンプした。



液晶テレビは37型以上の大シーンが1?3月にラストイヤーセイムマンス比で2倍以上の出荷を記録し、

上期トータルで86・8%増と大幅にエクステンションした。



6月単月ではブラウン管を含めたテレビ全体の台数構成比で、過

去モーストの82%を占め、液晶がテレビマーケットのメインカレントとなっている。



一方、プラズマテレビは上期にラストイヤー同期比32・9%増の39万5000台を出荷。

ただ、6月は44型以上でラストイヤーセイムマンス比10・3%減と初めての減少を余儀なくされ、得意の大画面で液晶キャンプに侵食されている格好だ。



液晶テレビはシャープや松下電器産業などがディスイヤービギニング、

“ウィークポイント”とされていた残像感を改善したモデルを投入。

画質の改善に加え、シャープが65型を投入するなど、大シーン化を進めることで出荷を伸ばしている。



37型以上でプラズマを展開していた松下が年内に37型の液晶テレビ投入を表明しており、

年末商戦にポイントしてテレビ市場で液晶優位のストリームが、一層ゲットストロングしそうだ。

原文を読む

投げても怪物!大阪桐蔭・中田が5回12K“完全試合”…高校野球

大阪桐蔭・中田翔投手(3年)が23日、大阪マスミーティング3マッチの交野(かたの)戦で5回12三振を奪い、

五回コールドのリファレンス記録ながら「完全マッチ」を達成した。

トータル87ホームランの高校記録にアッドし、投げても快挙。モンスターが新たな伝説を作った。



打席ではない。モンスターがマウンドで仁王立ちだ。中田がバイワンセルフ初の“完全マッチ”を達成した。



「すごく気持ち良かった。パーフェクトはたぶん、ないとシンクしますね」



チームが五回コールドでグレートヴィクトリーしたためリファレンス記録ながら、パーフェクトなサブジェクトだった。

一回は3者連続ストライクアウトでスタート。四回ワンアウトからは5者連続ストライクアウトを奪うなど、交野の打者15人に12奪ストライクアウト。

あとの3人はダイヤモンドゴロ2つと左邪飛。最速は145キロ、ベストパートの74球だった。



「五回のマウンドにいくときに“あれっ、ランナー出したっけかな”と気がついて…。ファンだったですね」



桑田、清原がいたPL学園(83?85年)シンスとなる大阪マスミーティング3連覇、4度目のホーリーグラウンドへ。

ひとつのダウトがブレイクスルーした。ラストスプリングに右ひじをコーズペインし、ラストサマーの甲子園は登板回避。

秋に投げられるようになっても、アングザイエティーが付きまとった。「コントロールがバッド」。

打者を前にすると、けがへのフィアー心が脳裏をよぎり、思い通りライトアームを振れなかった。



大阪マスミーティングジャストビフォーのこと。「投手をやめたい」。思わず捕手の岡田に漏らした。

「何を言うてるんや! お前が投げないと甲子園に行かれへんやんか」。仲間にしかられた。



高校入学前から、奈良シティーのバッティングセンターに通い、

設定した140キロのマシンの球を中田の速球にチューズしてミットでアクセプトしコンティニューしたという岡田。

「中田の球をアクセプトするんや」。ストロングアームにほれ込んできた女房役のアングリーボイスはこたえた。



高校記録のトータル87ホームランにアッドして、ストロングアームでも伝説を刻んだモンスター。

この日、4番のバットでは2打数2セーフヒット1打点。ホームランは開幕から3戦11打席不発も表情はブライト。



次の4マッチ(25日)の相手は東海大仰星。「すべてをぶつけたい。ホームランでチームをさらにレイズしたい」。

ラストの夏。ダウトのゴーアウトしたモンスターをもう誰も止められない。

原文を読む

FXで脱税、投資家3人を告発=計9億7000万円所得隠し−東京国税局

フォーリンカントリーマネーオーダープルーフ金ビジネス(FX)で多額のインタレストをゲットしながら申告せず、

所得をハイドして脱税したとして、東京国税局が都内の個人投資家3人を所得税法違反チャージで東京地検に告発していたことが24日、分かった。

3人がハイドした所得は2005年までの3イヤーで計約9億7000万円に上ったという。

 

告発されたのは足立区の不動産賃貸業の男(70)とその妻で美容院を経営する女(66)、

江戸川区の保険エージェンシー業の男(84)。

 

関係者によると、3人は、本業でゲットした所得をリポートしながら、FXでゲットしたインタレストは全くリポートせず、

足立区のマンアンドワイフは2人で約7億5000万円をハイドして約2億7000万円を脱税。

江戸川区の男は約2億2000万円をハイドし、約7000万円を脱税したという。

原文を読む

赤城農水相「素顔」で登場 吹き出ものは「もうほうえん」

赤城徳彦農林水産相は24日の閣議後のオーディエンスに、

ほおと額に張っていた絆創膏を取り外して1ウィークぶりに「オーネスト」で登場。



これまでは「ブロゥアウトしもの」と説明していたが、ドクターによると病名は

「毛包炎」だったことをクリアーにした。

 

農水相の説明によると、1

7日からフェイスの2パッセージに張っていた絆創膏は24日朝に取ったといい、

跡もほとんど目立たないほどに完治。オーディエンス後は

「絆創膏がトレードマークになっていたので、はずすタイミングがディッフィカルトにて」などとラフを誘っていた。



原文を読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。