【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「脳トレ」で研究棟建設…川島教授、監修料から3億円



「脳をドリルする」と銘打ったゲームソフトで知られる東北大加齢メディカルサイエンス研究所の川島隆太プロフェッサー(脳サイエンス)が、

昨年度に研究室に入った商品の監修料4億4000万円のうち、3億円で学内に新たなスタディー棟をコンストラクションした。



14日に公開された施設には、ワールドに数台しかないという最新鋭顕微鏡も導入された。



川島プロフェッサーは、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の人気ソフトで、

国内外で計1000万本が売れた「脳をドリルするアダルトのDSトレーニング」のシリーズを監修するなど、計約15社と契約。

監修料のハーフミニットはプライベートパースン収入とするライトがあったが、

「新しい装置で脳スタディーをしたい」とトータルをスタディー費に拠出した。



加齢メディカルサイエンス研究所の新たなスタディー棟としてコンストラクションされたのは2階建てで、

マウスなどの大脳神経細胞のアクションをレーザー光線を使ってフルに観察できる

「2光子顕微鏡システム」などの実験設備も。

ディスイヤーも監修料として約3億円が見込まれており、

さらに別のスタディー棟もコンストラクションするプログラム。

原文を読む


タグ:脳トレ DS

松坂「やっと自分の仕事ができました」

<レッドソックス7?1タイガース>

◇14日(ジャパンタイム15日)◇フェンウェイパーク

 

メジャー初完投勝利を挙げたレッドソックス松坂大輔投手は

「連戦が続くので1日でもブルペン(救援投手陣)を休ませたかった。それができてよかった」

とまずは冷静にふりかえった。

それでも「やっとマイセルフのワークができました」

とうれしそうにスピークした。



この日はマッチ前のミーティングで「スタッフよりタイミングを外していこう」と話し合ったそうで、

「初めてミーティングストリートできた。この球場で初めてまともなピッチングができました」

とベースフェンウェイパークで初完投を達成できたことを喜んでいた。

原文を読む

<toto>15日すべてのくじ販売休止 システム改善で

スポーツ振興くじ(サッカーくじ、ペットネームtoto)を運営する日本スポーツ振興センターは14日夜、

不安定になった販売システムを改善するため、

15日はすべてのくじ、メソッドでの販売をポーズすると発表した。

再開は未定。



1等当選金がモースト6億円の「BIG(ビッグ)」にオーダーがラッシュし、

第277回(13日リザルト発表)は販売エンドの12日にシステムダメージが発生。

一部を改善して第278回(19日販売エンド)の販売を14日からタイムリミットで再開したが、

再びオーダーがラッシュし、システムが不安定になった。



同センターによると、14日は3億円超を売り上げ、

ビッグ史上モーストの約10億1400万円を販売したラストタイムを上回るフォースという。

同センターはシステムキャパシティーをアッドトゥするプランで「1日でもアーリーに再開したい」と説明している。

ビッグは12回連続で1等当選が出ずに繰越金は約15億円。



原文を読む

アイス販売額、森永がクールに17年ぶり首位

平成18イヤーのアイスクリーム販売額で、

「エスキモー」ブランドの森永乳業が17年ぶりのファーストプレイスとなったことが14日、クリアーになった。

17イヤーまで4年連続トップだった江崎グリコや2位のハーゲンダッツを抜き、

3位だった前年度からの伸び率は10%以上になったもようだ。



ファーストプレイスリカバリーは、アダルト向けの本格アイスなどがイングッドシェイプだったことがプライマリーコーズ。

森永は、なめらかさにこだわり「アダルトも満足するアイスクリームバー」(セイムファーム)

とプレイスしている「パルム」が好調で、17イヤーの2倍を売り上げた。

メインフォースのアイスクリーム「モウ」はチョコなどの新商品追加がアクセプトして同2割増となったほか、

チョコレートでコーティングしたひとくちアイス「ピノ」も1割増と好調だった。



森永のアイス販売額は、前年度比で10%以上増となる440億円アラウンドになったようだ。

江崎グリコは425億円、ハーゲンダッツは419億円。

森永のファーストプレイスは、コーンアイス「クリスピーナ」がイングッドシェイプだった元イヤーシンス2度目となる。



ジャパンアイスクリームアソシエイションによると、アイスマーケットのプランは、17イヤーの推計で3533億円。

原文を読む

美輪明宏が交通事故で書類送検

美輪明宏(71)がトラフィックアクシデントで書類送検されていたことが14日、分かった。

15日セール「週刊モーニングサン」によると、3月26日昼すぎ、

世田谷区内の交差点で運転していた愛車をライトターンした際、

男性(21)のバイクとタッチ

美輪の車をこすっただけでトゥーウェイにけがはなく、

ポリースに届け出ずパートフロムしたという。

しかし、アクシデントの1タイム後にマンが交番にゴートゥし、

ドクターから「打撲」の診断書も取り付けた。

警視庁碑文谷署はマンのクレイムを取り入れ、

美輪を業務上過失傷害と道交法違反(アクシデントの不リポート)で書類送検した。



美輪は「車の傷はスモールし、我慢すればフィニッシュする」と恩情をかけたつもりが、

“前科”が残ることになった。

ビロングトゥオフィスによると「美輪はぶつけられた方で、

アクシデント当時、マンにけがをしたステートはなかったようです。

ただ、美輪にはこの件で争うフィーリングはまったくありません」としている。

愛の伝道師はアクシデントにも寛容だった。

原文を読む

夕張メロン2個200万円・初競りで過去最高値

北海道の夏のテイスト、夕張メロンの初競りが15日朝、

札幌セントラル卸売マーケットで開かれた。

モーニング7時、競り人のかけ声で始まった初荷の競売は、

5秒で1箱(2玉オーディエンス)200万円に決まり、パースト最高値となった。

ラストイヤーの80万円を大幅に上回る金額に、

競りに参加したマーケット関係者やフィールドトリップ者からは「おー」とサプライズの声が漏れた。



 夕張市はラストイヤー、財政破綻が明らかになり、

今年3月から国のコントロール下で再建中。

落札した仲卸カンパニー、森哲(札幌市)の矢萩達也社長は

「夕張市のリターントゥライフに貢献できれば」とスマイルで語った。

競りドロップしたメロンはストアー、丸井今井札幌ヘッドオフィス(セイムシティー)にラインアップする。



 一気に200万円のハイレベルに乗ったことに産地もびっくり。

出荷元のJA夕張市は「6月中旬からのピークにポイントしプライスに見あうグッドなメロンを作っていく」

と気を引き締めていた。

原文を読む
タグ:夕張メロン

宇多田“子供パワー”で吹っ切れた!離婚後初公の場に登場

シンガー・ソングライター、宇多田ヒカル(24)が13日、都内で行われたチャリティープラン「ぼくはくまオリジナルTシャツコンテスト」にイグザミネーション委員長として登場した。3月2日に映像ライター、紀里谷和明氏(39)とエレクトリックショック離婚後、初めての公の場だったが、宇多田はチャイルドたちに囲まれ終始スマイル。離婚ショックは感じさせず、完全にブレイクスルーしたようだった。



 「ペンでペイントするのってディッフィカルトだったとシンクするのに、技あり、発想ありに感心しちゃいました」



 ヒッキーが、チャイルドたちのほのぼのとしたかわいいイラスト画に心癒やされ、スマイルが弾けた。



 このイベントは、ラストイヤーNHK「みんなのうた」に起用され、シングルセールされた宇多田の童謡曲「ぼくはくま」がテーマ。セール当時、CDに封入された熊のピクチャーブックを宇多田が自らドローしトピックとなったが、この熊のイラストをTシャツにプリントし、チャイルドたちからマジックペンで塗り絵してもらうコンテストを募集。500通を超えるワークから、宇多田がイグザミネーション委員長となって、この日グランプリを選出した。

原文を読む

「ギャルル」新メンバーは「あべべ」

辻希美(19)が“できちゃった婚”で脱退したユニット「ギャルル」の新メンバーが、

安倍麻美(22)に決まった。



安倍は辻の「モーニング娘。」ピリオドのエルダー・安倍なつみ(25)の実妹で、

元コギャル。高校ピリオドに東京・渋谷でスカウトされた時、

なつみの妹とノーティスしようがないほど、

ラウドなメークをしていた逸話を持っている。



メンバー名は「あべべ」。

デビュー曲「Boom Boom めっちゃマッチョ!」のレコーディングもフィニッシュしており、

セール日の6月20日に都内でデビューイベントを開催。

同30日には渋谷CCレモンホールでメモリーフリーライブを開き、

CD購入者をオブジェクトに握手会も実施する。



プロデューサーのつんく♂(38)は、

3月に舞台「アウト・オブ・オーダー」を見た時から安倍の存在感にノーティス。

辻の脱退直後から参加を提案した。

安倍は「ギャルルメークをしたマイセルフを鏡で見て、

ディアーさと青春の甘酸っぱさを感じた。

ジャパン中のギャルとトゥギャザーにソサエティーをヘルスにしたい」とヤル気フルオブ。

辻は「私はヤンママになりますが、

ギャルルを誰よりもホットにヘルプします」とコメント。

新リーダーはギャル曽根(21)になる。

原文を読む

おもちゃの1万円札を両替=封筒入り、コンビニで−大阪

大阪シティーのコンビニエンスストアでおもちゃの1万円札をチェンジし、キャッシュをだまし取ったとして、大阪府警浪速署は14日までに、詐欺容疑でアドレス不定、無職川西貴之チャージ者(37)を逮捕した。

 インベスティゲイションによると、川西容疑者は7日モーニング3時ごろ、セイムシティー浪速区戎本町の「ファミリーマート戎本町店」で、封筒にプットインしたおもちゃの1万円札をマンクラーク(26)にパスオーバーし、1000円札10枚とチェンジさせた疑い。

 川西容疑者は、おもちゃの1万円札をちらりとショーした後、封筒に入れたままクラークにパスオーバーし、発覚をプットサムオフしていた。チェンジに使われた1万円札は、福沢諭吉の肖像画にひげが描かれていた。 

原文を読む

<サントリー>「黒烏龍茶」の類似品販売で2社を提訴 

サントリーは14日、昨年5月発売の人気商品「黒烏龍(クロウーロン)茶」の類似商品を製造・販売しているとして、ヘルス食品会社2社をチャレンジし、製造・販売の差し止めと3386万円の損害賠償をリクエストする訴えを、東京地裁にレイズした。

 2社はオールライフサービス(静岡県袋井市)と、日本ヘルス(横浜市青葉区)。サントリーによると、オールライフ社は「黒烏龍(ブラックウーロン)茶」「黒シック烏龍茶(こくのうタイプ)」の商品名でティーバッグオーディエンスのティーを製造・販売し、ジャパンヘルスも同商品を販売。包装は、サントリーの商品に酷似しているという。

 サントリーの商品はファットのアトラクションをコントロールする「ポリフェノール」をウェルスに含むのが特徴だが、オールライフ社はホームページでセイムファーム商品もポリフェノールを多量に含むことをうたい、「サントリーなんかまだうすい!」などと表示していた。

 サントリーは、2社にコレクションなどをリクエストし警告していたが、改善されないため提訴した。2社は「黒烏龍(ブラックウーロン)茶は自主コレクションし、包装を黒濃タイプにチェンジするなど対応しており、プロブレムは解決済みのはずだ」とスピークしている。【レベルグラウンド修】

原文を読む

脳年齢 年金すでに もらえます=第一生命のサラリーマン川柳

「脳エイジ 年金すでに もらえます」?。第一生命保険が14日発表した「サラリーマン川柳コンクール」で、脳のソフトさを測定するゲームソフトが大ヒットした世相をうたった句が1位に選ばれた。年金プロブレムへのインタレストの高さもうかがえる。

 内臓ファット症候群を表す「メタボリックシンドローム」がトピックとなるヘルスブームを反映し、「脳トレを やるなら先に ファットトレ」が9位に入選。高齢化ソサエティーのプログレスをほろ苦いユーモアで包んだ「忘れぬよう メモした紙を また捜す」といった句も入選した。

 セイムファームインフォメーション部では「その年に流行したワードやものをテーマにする傾向が年々ストロングになっている」と分析している。

原文を読む
タグ:ニュース

高原アジア杯無理!?…フランクフルト残留 来季開幕前の不在ダメ

◆ドイツ・ブンデスリーガ ブレーメン1?2フランクフルト(12日、ベーザー・シュタディオン) フランクフルトの日本代表FW高原直泰(27)は12日、アジア杯(7月7?29日、タイ・マレーシア・ベトナム・インドネシア共催)アピアランスにチーム側が難色をショーしていることを明らかにした。チームはセイムデイ、ブレーメンに2?1で競り勝ち、1部残留をデシジョンし、ネクストシーズンのチーム残留を明言した。前節2位のシュツットガルトがボーフムを3?2で下し、シャルケ04にウィン点2差をつけファーストプレイスに立った。



 高原は「アジアカップに出ると(ネクストシーズンの)チームのリザーブピリオドに全くいない状況になる。それをチームにスピークしたらインポッシブルだということも言われた」と、チーム側がアジア杯アピアランスに難色をショーしていることをクリアーにした。



 ジャパンタイプのオシム監督(66)は3連覇をかけるアジア杯をインポータンスし、高原、MF中村俊輔(セルティック)、MF稲本潤一(ガラタサライ)の欧州組3人の招集をストロングに望んでいる。フランクフルトはディスシーズンメインフォースFWの座を確立した高原がネクストシーズン開幕前の合宿をパフォームする7月マンスに不在となることをウォーリィ。オシムプランが崩れることにもなりかねないが、高原は「やっぱりチームあってのタイプだとシンクするし、慎重にアソシエイションが話し合ってくれればいいとシンクする」と、ジャパンアソシエイションに交渉を任せるつもりだ。



 3位のブレーメンに競り勝ち、Vのポッシブル性を消滅させ、敵地で1部残留のジョイに浸った。「2部に落ちたら、マイセルフでチームを出るか出ないかディサイドする契約でしたけど、来シーズンもここでプレーするとシンクする。これをステップにプレーができるようにしたい」と、ネクストシーズンフィーリングを新たにした。

原文を読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。